格安SIMの「IIJmio」、データ通信量が余ったらその分割り引く新サービス | RBB TODAY

格安SIMの「IIJmio」、データ通信量が余ったらその分割り引く新サービス

IT・デジタル モバイル

格安SIMの「IIJmio」、データ通信量が余ったらその分割り引く新サービス
  • 格安SIMの「IIJmio」、データ通信量が余ったらその分割り引く新サービス
  • 格安SIMの「IIJmio」、データ通信量が余ったらその分割り引く新サービス
 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は24日、auの4G LTE回線に対応した通信プランと「IIJmio サプライサービス」で販売している端末をセットで提供する「IIJmioモバイルプラスサービス」を、2016年12月1日より開始すると発表した。

 通信サービスのプランは、月間のデータ通信量が3GBの「エコプランミニマム」と、7GBの「エコプランスタンダード」の2種類が用意されており、契約したプランのデータ通信量をユーザーが使い切らなかった場合、500MBあたり100円(端数切り捨て)が、当月利用料金から割り引かれる。

 なお、端末は「IIJmioサプライサービス」で提供されているau VoLTEに対応した端末から選択が可能で、本項執筆時点において、富士通「arrows M03」、ASUS「ZenFone Go」、ASUS「ZenFone 2 Laser」、ASUS「ZenFone 3」の4種類が用意されている。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top