【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi | RBB TODAY

【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi

IT・デジタル モバイル

【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
  • 【先週の注目ニュース】H.I.S「変なSIMカード」/AIりんながアップデート/東北新幹線に無料Wi-Fi
 5月21日週に発売・発表された注目情報をまとめてお届けする。

キャリアの動き


■ドコモ、ARで電波状況を可視化するシステムを開発
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_180522_00.pdf

 NTTドコモは、第5世代移動通信方式(5G)で用いる高周波数帯の電波をリアルタイムに測定・解析し、電波到来状況をヘッドマウントディスプレイにより拡張現実(AR)で360度可視化することができる世界初の「360度対応5Gリアルタイム電波ビジュアライザ」の開発を完了したと発表した。



■ドコモ、海上で5Gを活用、4K映像の伝送に成功
https://www.nttdocomo.co.jp/binary/pdf/info/news_release/topics_180521_02.pdf

 NTTドコモは、5月に開催されたANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀大会において、28GHz帯における5Gを用いた海上での無線通信による4K映像の伝送実験に成功した。同実験は、5Gを活用して、離れた位置で競技する選手の動きを迫力ある映像で観客に届けるパブリックビューイングサービスを想定。海岸から300m~1km離れた海上に停泊させた小型船舶のデッキに設置 したカメラや、ドローンに搭載したカメラでライブビューイング用の映像を撮影し、船舶内で映像を4K映像に集 約した後に、同船舶内にドコモが搭載した5G移動局から陸上に設置した5G基地局に向けて無線伝送 したとのこと。



■au、「スマホ応援割」の提供をスタート
https://www.au.com/information/topic/mobile/2018-039/

 KDDI、沖縄セルラーは、機種変更または新規契約と同時に「auピタットプラン」「auフラットプラン」で「カケホ」「スーパーカケホ」に申し込んだ場合、翌月から1年間の利用料金を毎月1,000円割引する「スマホ応援割」を6月1日から提供すると発表した。



■ソフトバンク、3段階の定額プランが自動適用される「おてがるプラン」を開始
https://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2018/20180525_01/

 ソフトバンクは、データ使用量に応じて3段階の定額料が自動的に適用される「おてがるプラン」を提供すると発表した。通話料を含めて月額1,980円から“ソフトバンク”のスマートフォンを利用できるとのことで、2018年6月29日から提供開始予定。

その他の新サービス・注目トピックス


■Google Pay、SuicaとWAONにも対応
https://pay.google.com/intl/ja_jp/about/

 Googleは、同社の決済サービス「Google Pay」において、新たにSuicaとWAONが使えるようになったと発表した。

■マイクロソフトのAI「りんな」、「共感」を重視したアップデート
https://news.microsoft.com/ja-jp/2018/05/22/180522-rinna-empathy-model/

 日本マイクロソフトは、ソーシャルAIチャットボット「りんな」において、最新の会話エンジン「共感モデル(Empathy model)」(アルファ版)を採用した。「共感モデル」(アルファ版)は、会話の相手(ユーザー)と、どのようにコミュニケーションをすれば良いか、AIが自ら考えるように設計されているという。「りんな」は、人間の感情の中で「共感」を最も重要視し、相手との会話が継続できるように、返答をリアルタイムで生成することを目指していく。



■東北新幹線に無料Wi-Fi
http://www.jreast.co.jp/press/2018/20180516.pdf

 JR東日本は、東北新幹線(E5系)の1編成において無料の無線LANサービスを開始すると発表した。ユーザーはメールアドレスの登録だけで同サービスが利用できる。JR東日本は、その他の車両についても順次、無料の無線LANサービスの導入を進めていくという。

■H.I.S、「変なSIMカード」を発売
https://www.his-j.com/mobile/hennna-sim/index.html

 H.I.S.Mobileは、格安海外データ通信SIMカード「変なSIMカード」のサービスを7月1日より開始すると発表した。「変なSIMカード」は、75の国と地域の通信会社とデータ通信が可能なSIMカード。500円(200MBまで/1日)の単一価格で提供される。



注目ガジェット


■忘れ物防止タグ「MAMORINO」にシールタイプが登場
https://mamorio.jp/

 MAMORIO社は、シール型置き忘れ防止IoTデバイス「MAMORIO FUDA (フューダ)」6月1日より販売すると発表した。MAMORIO FUDAは、紛失物防止タグMAMORIOシリーズに共通するシンプルで使いやすいデザインやコンセプトをベースに、新しく開発されたシール型置き忘れ防止IoTデバイス。



■ベルキン、スマホを最大5回充電できる大容量モバイルバッテリーを発売
http://www.belkin.com/jp/

  ベルキンは、15,000 mAhでスマートフォンを最大5回分充電可能な『Pocket Power 15Kパワーバンク(モバイルバッテリー)』を、6月1日に発売する。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top