富士ソフト、Windows Azure Platformを活用した会社情報提供サービス「みんなの会社情報」を開始 | RBB TODAY

富士ソフト、Windows Azure Platformを活用した会社情報提供サービス「みんなの会社情報」を開始

エンタープライズ マイクロソフト

「みんなの会社情報」トップページ(画像)
  • 「みんなの会社情報」トップページ(画像)
  • イメージ図
 富士ソフトとグループ会社である東証コンピュータシステムは29日、マイクロソフトのクラウドプラットフォームである「Windows Azure Platform」をベースに、Webサイト「みんなの会社情報(みんかい)」を構築したことを発表した。7月1日より開設する。

 「みんなの会社情報」は、株主、投資家、就職活動者をはじめ、企業に興味を持つ人たちに、上場企業の会社情報を提供するサービス。各上場企業の基本情報だけでなく、四半期ごとに発表される決算情報や動画による社長メッセージ、ニュースリリース情報など、多様なフォーマットで配信される会社情報を閲覧できる。

 多様なデータの取り扱いが可能なクラウドプラットフォームであるWindows Azure Platformを活用することで、動画像など大きなファイルサイズの多種多様なデータの一元的な取り扱いや、大容量データの高速な処理を実現した。アクセスに応じてリソースの増減が可能な機能を利用し、コスト面だけでなくシステムのリスク軽減も併せて行ったとのこと。あわせて最新Webテクノロジーである「Silverlight 4.0」を採用、直感的な操作や決算情報のグラフ表示などを可能にした。

 「みんなの会社情報」サービスは、Windows Azureの開発段階より、3社が共同で行ってきたWebアプリケーション開発の検証に基づき、本年3月18日に合意した富士ソフトとマイクロソフトの協業強化の一環として実現したもの。両社は、今後もさらに強力なパートナーシップのもと、生産性向上と企業競争力の強化に取り組んでいくとしている。
《冨岡晶》

編集部のおすすめ記事

特集

page top