【ビデオニュース】労働生産性を上げる10年後のテクノロジー——米MS スティーブン エロップ氏 | RBB TODAY

【ビデオニュース】労働生産性を上げる10年後のテクノロジー——米MS スティーブン エロップ氏

エンタープライズ その他

 米マイクロソフトは27日(現地時間)、ビジネス部門担当プレジデントのスティーブン エロップ(Stephen Elop)氏のビデオを公開した。ペンシルバニア大学Wharton SchoolのWharton Technology Business Conferenceのキーノートで、テクノロジーがどのように生産性を改善していくかについてプレゼンテーションを行った。

●テクノロジーのビジョン




 キーノートでは場所、言語、時間の異なる国の子供たちが、あたかも同じ教室でコミュニケーションをとっている様子や仮想スペースでの作業分担など、将来のテクノロジーの在り方がデモビデオで映し出されている。ビル・ゲイツ氏がプレゼンテーションを行ったことがある“Touch Wall”も登場する。これらの研究はマイクロソフトのラボで行われており、プロトタイプも存在する。氏はこのビデオは、SFでもなくハリウッドのでもない。10年後の姿だとしている。

 ちなみに昨年からキーノートに登場する機会が多くなっているStephen Elop氏だが、同氏は昨年1月に、マイクロソフトに入社した。それ以前は元米ジュニパー・ネットワークス(Juniper Networks)のCOOで、当時はRBB TODAYのインタビューにも応じている。ジュニパーに入社する前はAdobe Systems社のワールドワイドのフィールド オペレーションのプレジデントだった。


●キーノート


《RBB TODAY》

特集

page top