NTTソフトウェア、電話番号とIDのダブル認証ソリューション「CallPassport」発売 | RBB TODAY

NTTソフトウェア、電話番号とIDのダブル認証ソリューション「CallPassport」発売

エンタープライズ その他

「CallPassport」利用イメージ
  • 「CallPassport」利用イメージ
 NTTソフトウェアは25日、電話をかけるだけで、ネットサービスで多く利用されているID/パスワード方式の認証を強化する本人認証ソリューション「CallPassport(コールパスポート)」の販売を開始した。

 「CallPassport」は、インターネットのサービスにおいて、ID/パスワード方式の認証に加え、電話の発信者番号を利用することで、強度を高めた本人認証を提供するソリューション。ネットショッピング、ネットオークションの他、SaaS、ASP、Web-EDI、VPN接続における認証などにも適用可能とのこと。NTT情報流通プラットフォーム研究所が開発した技術をベースにNTTソフトウェアが商品化した。「CallPassport」では、ID/パスワードによるインターネット経路と、電話回線の2経路での認証を併せて利用する。これにより、ID/パスワードが盗まれた場合でも不正利用を防ぐことが可能だ。さらに認証機能を強化したい場合には、音声認識(合言葉)認証や声紋認証などの追加オプション機能も用意されている。

 また、ID/パスワードの入力に加え、電話をかけるだけで認証できるので、誰でも簡単に操作できるのも特徴だ。企業は新たに専用機器を配布する必要がなく、固定電話や携帯電話の機種に依存しないので、利用者は電話機を買い替える必要もないため、導入コストを圧縮できるという効果も望める。また、専用機器が不要のため、貸出管理コストや故障時の交換コストを削減でき、誰でも簡単に操作できるため、ヘルプデスクなど専門要員による操作説明が不要となり、運用コストの圧縮もできる見込みだ。価格は、登録ユーザー数が1000人規模の最小構成で、参考価格4,490,000円(税抜き)〜。同社では今後3年間で3億円の販売を目指すとしている。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top