NTTソフト、PC作業画面に注意書きを追加する「BizFront/アノテーション」発売 | RBB TODAY

NTTソフト、PC作業画面に注意書きを追加する「BizFront/アノテーション」発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

BizFront/アノテーションを適用した画面の例
  • BizFront/アノテーションを適用した画面の例
  • BizFront/アノテーションの利用手順
 NTTソフトウェアは20日、パソコンの画面上にふせん状の注釈(アノテーション)を表示させ、利用者に注意を促すパッケージ製品「BizFront/アノテーション」を発表した。11月2日から販売を開始する。

 「BizFront/アノテーション」は、日本電信電話(NTT)が開発したアノテーション表示技術を利用。金融・保険業での契約情報の登録、官公庁での個人情報の登録といったPC作業画面に、後付けで説明を追加できる。製品は、管理者用の編集ツールと利用ユーザー用の表示ツールから構成。いずれも既存PCにインストールするだけで動作する。

 複雑な登録手順などに対し、注意書きを付記し、マニュアル的な役割を果たすのが狙い。ヘルプ機能と比べ、システム改修は不要で、表示位置や内容は任意に追加・編集できる。画面上で表示したままとするのか、ユーザーが選択した場合のみ表示させるのかなどの設定が可能。表示情報はアノテーションルールとして、利用者ごとに共有するためのフォルダを指定できる。OCにインストールした表示ツールを起動しておくだけで、対象のシステム画面が表示された際に、アノテーションが表示される。

 価格は編集ツール(管理者用)が年間34,500円/端末、表示ツール(ユーザー用)が年間500円/端末。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top