NTTソフト、クラウドとコミュニケーションを連携させた「ProgOffice Enterprise」発売へ | RBB TODAY

NTTソフト、クラウドとコミュニケーションを連携させた「ProgOffice Enterprise」発売へ

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ProgOffice Enterprise画面イメージ
  • ProgOffice Enterprise画面イメージ
  • ProgOffice Enterprise製品イメージ
 NTTソフトウェアは14日、クラウドサービスとコミュ二ケーション手段を連携させたプラットフォーム製品「ProgOffice Enterprise」を発表した。12月から販売を開始する。

 「ProgOffice Enterprise」は、名刺管理「法人向け名刺管理Sansan」、営業管理「Salesforce」や「Office365」「Google Apps」のスケジュール帳と、「電話」「メール」「チャット」などのコミュニケーション機能を連携させる製品。複数サービスを起動しなくても、本製品だけで状況を確認しながら連絡をとることが可能となる。

 社内であればスケジュールと社内電話帳、社外であれば名刺情報や営業情報が電話帳と連動し、それらに合わせて連絡手段を表示する。これにより、電話帳を開くだけで相手の状況を確認したうえで連絡できる。顧客一覧の表示順序や状況表示は日々更新される。状況にあっていない連絡手段は、グレー表示に切り替わる。

 名刺情報や営業情報など重要な情報をスマートフォンに保存しないシンクライアント利用も可能。またNTTドコモのオフィスリンクとの連携により、通話料のコストを削減することもできる。今後も連携サービスは拡充されるよていだ。

 価格は1ライセンス月額500円(年間契約・100ライセンス以上から提供)。機能連携先の情報を利用するには、それぞれのクラウドサービス費用が必要。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top