未来のICTのタネ募集! 〜 総務省「u−Japanベストプラクティス2009」公募開始 | RBB TODAY

未来のICTのタネ募集! 〜 総務省「u−Japanベストプラクティス2009」公募開始

ブロードバンド その他

u−Japan政策のページ
  • u−Japan政策のページ
  • ICT事例紹介のサイト
 総務省は9日、「u−Japanベストプラクティス2009」の事例募集を開始した。募集期間は2月9日〜3月19日。

 「u−Japan政策」の一環として、生活やビジネスの様々な場面の課題を解決するICTサービス・システムの事例を募集するもの。「すぐれたICTサービス・システム事例」を蓄積し、いつでも・どこでも・何でも誰でも簡単にネットワークにつながるユビキタスネット社会における活用モデルとして広く普及啓発を図ることを目的としており、優秀事例については、ICT地域経済活性化ポータル等でICT活用事例として公表される。またu−Japan政策のホームページ・広報・啓発活動などにおいて広く周知を図る予定だ。特に優れた事例については、2009年度「電波の日・情報通信月間記念中央式典」で表彰される。

 ネットワークを利用しているICT関連のサービスやシステム全般で、すでに実用化されているもので、社内活用、外部向けのいずれも対象となる。地場産業の活性化や医療などの地域が抱える課題、環境問題その他の社会的課題についての解決の切り札となるアイデアが、ここから生まれてくるかもしれないと同省ではしている。選考基準は「ユビキタス」(「至る所に存在する」というユビキタスネットの特性が十分に発揮されているか)、「ユニバーサル」(誰もが簡単に利用できるものになっているか)、「ユーザの視点」(利用者の利便性やニーズが強く意識されているか)、「ユニーク」(アイディアが独創的、先進的なものか)、「地域活性化」(ICTの構造改革力が地域の課題解決に有効利用できるように意識されているか)、「環境負荷低減」(ICTの利活用によりCO2排出削減に貢献しているか)の6点。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top