現場情報を即座に収集・分析、富士通が“ユビキタスウェア”10種を提供開始 | RBB TODAY

現場情報を即座に収集・分析、富士通が“ユビキタスウェア”10種を提供開始

エンタープライズ ハードウェア

「ユビキタスウェア」の製品構成
  • 「ユビキタスウェア」の製品構成
  • 「バイタルセンシングバンド」
  • 「ロケーションバッジ」
  • 「ロケーションタグ」
  • 主な提供製品一覧
 富士通は20日、新製品「ユビキタスウェア」(FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE)10種の提供を開始した。

 「ユビキタスウェア」は、センシング技術を活用することで、現場情報の収集・解析・分析を行い、データとして提供できるソフトウェア&ハードウェア群だ。2015年5月より提供している企業向けウェアラブル端末「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE ヘッドマウントディスプレイ」に加え、今回新たに下記の10種をラインアップする。

1 センサーアルゴリズム
2 コアモジュール
3 コアモジュール開発キット
4 バイタルセンシングバンド
5 ロケーションバッジ
6 ロケーションタグ
7 リモートケアベース
8 わんダントステーション
9 わんダントチャーム
10 パイロットパック

 「センサーアルゴリズム」は、人・物の行動や状態を高精度に検出するソフトウェアで、 センサーから収集したデータを用途に合わせた形に変換することができる。アルゴリズムには、人の転倒・転落やペットの歩行バランスなどの動作データを分析するモーションアルゴリズムや、熱ストレス検知などの人のバイタルデータを分析するバイタルアルゴリズム、屋内外の位置情報を取得するロケーションアルゴリズム、発話・生活音・咳などの音データを分析するソニックアルゴリズムなどが用意されている。社内外での実証を繰り返し、高い検出精度を実現したという。

 また加速度、気圧、地磁気、ジャイロ、マイクなどのセンサーと、データ解析用のマイコン、BLE(Bluetooth Low Energy) を搭載した「コアモジュール」は、自社製品・サービスに組み込むことも可能。デバイスやアプリケーションなどがセットになった「パイロットパック」により、IoT導入に向けて事前検証も可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top