NTT Com、アプリ事業者向けSaaS/ASP基盤「BizCITY for SaaS Provider」提供開始 | RBB TODAY

NTT Com、アプリ事業者向けSaaS/ASP基盤「BizCITY for SaaS Provider」提供開始

エンタープライズ その他
BizCITY for SaaS Providerのサービスイメージ
  • BizCITY for SaaS Providerのサービスイメージ
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は29日より、アプリケーション事業者向けSaaS/ASP基盤サービス「BizCITY for SaaS Provider」の提供を開始した。

 「BizCITY(ビズシティ)」は、NTT Comが提供する一連のサービス群の新ブランドで、「いつでもどこでも」「安全・便利」にあらゆる仕事ができるICT環境の実現をテーマとしている。

 「BizCITY for SaaS Provider」は同ブランドによるサービス展開の第一弾となる、アプリケーション提供事業者向けSaaS/ASP基盤サービス。「ネットワークゲートウェイ for SaaS Provider」と「サーバホスティングfor SaaS Provider」で構成され、アプリケーション提供事業者は、NTT ComのVPNサービスに直結した環境で、より安定したSaaS/ASPサービスを短期間かつ容易に提供可能となる。将来的には多要素認証、シングルサインオン、料金回収代行などのサービスを拡充していくとのこと。

 利用料金は「ネットワークゲートウェイfor SaaS Provider」が月額4.8万円(1Mbps)〜、「サーバホスティングfor SaaS Provider」が固定料金プランまたはエンドユーザ数課金プランなどになる。

 なお「BizCITY」ブランドのサービスとして、今後は、「Biz Communicator」「.Phoneユビキタス」などの統合コミュニケーションサービス・IP電話サービス、モバイルアクセスサービス、その他シンクライアントサービス、SaaS/ASPサービスなどを予定している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top