【SXSW2015】ファニーなIoTが満載……DMM.make AKIBA | RBB TODAY

【SXSW2015】ファニーなIoTが満載……DMM.make AKIBA

エンタープライズ その他

DMM.make AKIBAブース
  • DMM.make AKIBAブース
  • 4つの物理ボタンでゲームが変わるPigmalのFourBeat
  • ロボットを着る女の子 きゅんくん
  • カンダロボティクスのInfomotion Visor
  • スマートスニーカーOrphe
  • スマートスニーカーOrphe
  • 変わった形の電子楽器UDAR
  • 匂い販促を推進するZaaZ
 SXSW2015のトレードショーに出展した日本企業で中心的存在だったDMM.make AKIBA。来場者から「日本の展示は(いい意味で)ファニーだね~」と言われたが、その中心にいたのは間違いなく彼らのブースだろう。そんな外国人のハートを掴んだDMM.make AKIBAの優れたIoTをいくつか紹介したい。

■超クールなスマートスニーカー Orphe

 最新のモーションセンサー、100以上のフルカラーLEDを搭載したスマートスニーカーOrpheはno new folk studioという日本のスタートアップ企業が開発している。動きや音に反応して色が変化、もちろんスマートフォンで色の設定を変えることも可能だ。様々な表現者に向けて作られたそうで、音、光、ジェスチャのプログラムを共有することでダンスの練習用としても使える。デザインは日本の伝統的な靴職人がチームに参加したことで、しっかりとしたものとなっている。実際にダンスパフォーマーが見せてくれたデモでは、ダンスに合わせて色や音が変化し、非常にかっこよかった。新たなパフォーマンスの可能性を感じさせてくれた。

■ロボットを着るキュートな女の子 きゅんくん

 ひときわ注目を集め、来場者から写真を撮られていたのが、DMM.make AKIBAのブースに立って存在感を放っていたコスプレの女の子。その女の子はきゅんくんという名前で活動しているロボットファッションクリエイターだそうだ。背中に背負った(着た?)ロボットアームが自動で動いているパフォーマンスを見せてくれた。海外メディアもかなり注目しており、各所で紹介されている。2日目には街中を歩いていたが、そこでも大人気な存在だった。

■食べ物の匂いがお店に、名刺に、ジュエリーに? ZaaZの匂い販促商品

 匂いを販促に活用するためのグッズを販売するZaaZ。店先で商品の匂いをさせるデュフューザーや名刺を商品の香りにさせる名刺ケース、ジュエリーボックスまで展開している。日本でも各種メディアに取り上げられているそうだが、ここSXSWの会場でも人気を集めていた。

■工事現場などの誘導をスマートにするInfomotion Visor

 カンダロボティクスという会社が出品していたのはInfomotion Visorといういわゆる工事現場の交通誘導警備員のグッズをスマートにしたもの。手に持つ光る棒でコントロールし、バイザーに出る文字を制御できる。より強いメッセージなどを発信できることがベネフィットだ。ただアピールするあまり、何ともパーティーグッズ的な印象になってしまった。
《亀川 将寛》

特集

page top