富士通研究所、先端LSIのソフトエラー発生率を短期間で高精度に測定する技術を開発 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

富士通研究所、先端LSIのソフトエラー発生率を短期間で高精度に測定する技術を開発 2枚目の写真・画像

 富士通研究所は30日、国立天文台ハワイ観測所と共同で宇宙線の一種である中性子線によって引き起こされる先端LSIの誤動作、ソフトエラーの利用現場における発生率を短期間で高精度に測定する技術を確立した。

エンタープライズ その他

関連ニュース

ソフトエラー発生率
ソフトエラー発生率

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. Microsoft Exchange Server 2010日本語版、11月2日より提供開始

    Microsoft Exchange Server 2010日本語版、11月2日より提供開始

  3. スマートフォンの便利な点・不便な点……電創堂調べ

    スマートフォンの便利な点・不便な点……電創堂調べ

  4. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  5. 360度のリアルタイム3Dイメージングが可能に……全方位レーザーライダー

  6. 世界60ヵ国の“友だち”……英会話教室を続けられるワケ

  7. 【マイナンバーQ&A】従業員へのマイナンバー教育は必要なのか?<法人編>

  8. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  9. F5、仮想アプライアンス「BIG-IP LTM VE」の無償トライアル版を提供開始

  10. オムロンがパチンコの“のめり込み”防止技術! 顔認証システム活用

アクセスランキングをもっと見る

page top