今夜は“こと座流星群”と“極小の月”が共演 | RBB TODAY

今夜は“こと座流星群”と“極小の月”が共演

 毎年ゴールデンウイーク直前の時期に、ピークを迎える「こと座流星群」。国立天文台が発表している「ほしぞら情報」の「東京の星空・カレンダー・惑星」によると、2016年の「こと座流星群」は22日にピークを迎える模様だ。

ライフ その他
満月の大きさ比べ(国立天文台サイトより)
  • 満月の大きさ比べ(国立天文台サイトより)
  • ウェザーニュース「こと座流星群」ページ
 毎年ゴールデンウイーク直前の時期に、ピークを迎える「こと座流星群」。国立天文台が発表している「ほしぞら情報」の「東京の星空・カレンダー・惑星」によると、2016年の「こと座流星群」は22日にピークを迎える模様だ。

 ウェザーニュースが開設している「こと座流星群」特設サイトの地図を見ると、日本の広い範囲で、「バッチリ見える」表示になっている。天候がよければ、かなりチャンスがありそうだ。

 一方で、本日は満月。しかも今年の満月の中で、最も小さく見える満月だという。最大時の満月(33分30秒角)と比較すると、1割ほど小さいサイズ(29分24秒角)になるとのこと。これは月が楕円軌道を描いており、地球からもっとも遠い位置を通るタイミングだからだ。満月になるのは、昼タイミングの4月22日14時24分だが、夜にもそのままの姿が拝めそうだ。なお今年最大の満月は、11月14日22時52分だ。

 「流星と満月の共演」というと、少しロマンチックだが、満月の場合、月の明るさにより、流星が見にくくなってしまうため、実際には相性がよいわけではない。ただ、こうした貴重な瞬間が揃うタイミングも少ないので、晴れた地域の人は、空をみて、願い事をするのもよいだろう。
《赤坂薫》

関連ニュース

特集

page top