ネットの品質が“見える”ように? 富士通研究所が「見える化」計測技術を開発 | RBB TODAY

ネットの品質が“見える”ように? 富士通研究所が「見える化」計測技術を開発

ブロードバンド その他

開発した体感品質(QoE)の「見える化」技術の概要
  • 開発した体感品質(QoE)の「見える化」技術の概要
 富士通研究所は5日、 IP電話やインターネット上の映像配信など大規模なネットワークサービス向けに、ユーザの体感品質(QoE:Quality of Experience)を定量化し、「見える化」する技術を業界で初めて開発したと発表した。

 QoEとは、音声の聞こえやすさや映像の見やすさなどユーザが感じる品質を示す指標のこと。これまではIPパケット損失や遅延といった通信品質(QoS:Quality of Service)が同一であっても、たとえばIP電話におけるエコー・ノイズの有無や、配信映像の種類によるちらつきの目立ちやすさの相違など、ユーザのQoEは異なる場合があった。そのため、QoEを表す指標値はいろいろ提案されてきたが、音声や映像などのメディアごとに、元データと劣化データの両方を与えて指標を算出する、高価な専用装置を使わないと定量化は困難とされてきた。

 富士通研究所では、個々のユーザごとではなくユーザの集約ポイントに、汎用パソコン程度の性能の計測装置(計測プローブ)を複数配置し、ネットワーク中でQoEを定量化する技術を開発した。

 IP電話などの音声通信については、QoEを高精度に定量化するため、QoSだけでなく通話音声の代表的な劣化要因であるエコーとノイズに着目した音響分析技術をあらたに開発。周波数スペクトルの類似度を利用し、音声通話に混入したエコーを通常条件で99%、周囲音や相手の声が含まれる場合でも83%と高い確率で瞬時に検出できる。さらに、波形変動の特異点を抽出する技術により、通話音声に入り込んだ耳障りなノイズも検出できる

 映像については、シーンにより異なるQoEの指標値を、リアルタイムに算出する技術を開発。映像配信サーバ側で、あらかじめ想定したパケット損失率(QoSの主な指標)に応じた映像のQoE指標値を映像シーンごとに算出し、それを共通のプロファイルとしてすべての計測プローブに配布、各計測プローブではこのプロファイルを利用し、実際に計測されたパケット損失率から配信映像のQoE指標値を求める仕組みとなっている。

 これらの技術により、計測プローブ内で発生するパケット損失を高精度に検知することができ、専用の測定器を使用しなくても正確なQoSの計測が可能になるとのこと。また、大規模IPネットワークにおいても、低コストかつ高精度でQoEを「見える化」し、ユーザの視点に立ったきめ細かなネットワークサービスの運用管理を行うことができるとしている。

 同社では今回開発した技術を、今後の市場の拡大が予想される体感品質評価向けネットワークマネジメント製品に順次適用していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top