吉本芸人の中で“男前芸人”と“ブサイク芸人”は誰? | RBB TODAY

吉本芸人の中で“男前芸人”と“ブサイク芸人”は誰?

お笑い芸人のEXIT、アインシュタイン、おばたのお兄さん、130Rほんこん、陣内智則、山田菜々ほかが23日、都内で行われた「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見に登場した。

エンタメ その他
「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見【撮影:小宮山あきの】
  • 「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見【撮影:小宮山あきの】
  • EXIT・兼近大樹【撮影:小宮山あきの】
  • アインシュタイン・稲田直樹【撮影:小宮山あきの】
  • アインシュタイン(稲田直樹、河井ゆずる)【撮影:小宮山あきの】
  • 130Rほんこん、アインシュタイン・稲田直樹【撮影:小宮山あきの】
  • 「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見【撮影:小宮山あきの】
  • 「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見【撮影:小宮山あきの】
  • おばたのお兄さん【撮影:小宮山あきの】
 お笑い芸人のEXIT、アインシュタイン、おばたのお兄さん、130Rほんこん、陣内智則、山田菜々ほかが23日、都内で行われた「よしもと男前ブサイクランキング2019」開催発表会見に登場した。

 吉本芸人の中から一般投票で“男前芸人”と“ブサイク芸人”の1位を決める同ランキングが4年ぶりに復活。期間限定でファン投票を行い、男前部門とブサイク部門の各勝者には、賞金100万円のほか、「メンズハイファッション誌」への出演、人気スイーツ店との広告契約などの特典が贈られる。

 会見では、2000年の開始以降のランキングを振り返ったほか、芸人らが今年の順位予想を繰り広げて、観客を沸かせた。

 2000年~2002年までブサイク部門の王者となり、殿堂入りを果たしたブサイク芸人のレジェンド・ほんこんは「(ブサイクは)仕事やからね。ツイッターとかでも色々考える人がいるけど、俺らは別に何も思ってないから。そう(ブサイクと)言われて、お金儲けできんのやから。これでお金儲けできへんかったら、憤慨しますけどね」とブサイク芸人論を展開。

 「この企画が復活するのは、今のご時世コンプライアンス的に時代とは逆行してますけど、うちの会社や芸人の懐の深いところで、お客さんも笑っていただけたら有り難いなという気持ちです」と呼びかけた。

 会場投票で、「ブサイクランキング」予想第一位となったアインシュタインの稲田は、「自分で言うのもなんですが、神様の失敗作だなって思うので、一位を取って当たり前かなあと思います。100万円いただきます」と強気の発言。最近はファンから「可愛い」と言われることもあるといい、「正直可愛いと言われたりしますけど、これを機に全員目を覚めさせたろうと思います」と意気込みを語り、笑いを誘った。

 吉本社員や芸人らの間で「男前なのかイケメンなのか微妙」と評されているというおばたは、「僕は小栗旬のつもりでいるので、自信満々でやらせてもらっています。僕をブサイクって言うことは、小栗さんに対してブサイクって言ってるのと一緒だなって思います」とコメント。「奥さんとは仲良くしてる?」と聞かれると「仲良くしてますよ。奥さんはもちろん、男前の方だと思っています」と、夫婦ラブラブぶりもアピールした。

 「イケメンランキング」で予想第一位となった兼近は、「僕が入らないと嘘になっちゃいますよね」とチャラ男キャラでコメント。「プライベートでもモテる?」との問いには、「最近はめちゃめちゃモテるんですよ。イケメンって言われ始めたのが2年前で、それまではおかっぱで裸芸をやっていたので、ブサイクだって虐げられたんです」と意外な過去を告白。

 “キャラ変”してイケメンと呼ばれることについて「成功してると思う?」と質問されると、「普通の社会で生きてたら大成功なんですけど、この世界では笑いの量は確実に減ったなと思います。イケメンってふりなんですよ、俺が笑いで(ブサイクに)勝てることはないなと思うと、今回100万円もらえるなら“不名誉な賞だからすみません”の100万円だと思っています」と本音を語っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top