森三中・大島が第1子男児出産……鈴木おさむ氏「格好良かったです。最高です。愛してます」 | RBB TODAY

森三中・大島が第1子男児出産……鈴木おさむ氏「格好良かったです。最高です。愛してます」

エンタメ ブログ

 お笑いトリオ・森三中の大島美幸が22日、第1子男児を出産した。夫で放送作家の鈴木おさむ氏がブログで報告した。

 予定日を10日過ぎ、心配されていた大島。鈴木氏は「本日、妻が元気に元気な赤ちゃんを出産いたしました。3885グラムの大きな男の子です」と報告し、「病院でいろいろとやっていたら、まさかの陣痛がいきなり来て、陣痛時間は3時間ほどのかなりの安産でした。産んだ子供を見たときに、妻は泣いていました。嬉しくて泣いていました」と、我が子とようやく会えた感動の瞬間を振り返った。

 過去には流産も経験している大島に対し「栃木県の田舎町から出てきて、女芸人になり、体を張って張りまくり、裸になって時には殴って時には殴られて叫んで叫ばれて全身で人を笑わせようと生きてきた彼女が22歳の時に僕と結婚し 結婚してからもさらに体を張る芸風になり そんな彼女がお腹に命を宿したものの残念なことになり。そんな悲しい経験をへたあとにやはり、母親になりたい!と強く思い人生でもある芸人という仕事を休業し、妊活休業を決めてそして今日子供を産み、母親になれました」としみじみとつづった鈴木氏。出産に立ち会い、妻から我が子が出てくる瞬間を「奇跡」の二文字で表現した。

 鈴木氏は、「産まれてきた子供の顔を初めて見た妻の顔を僕は一生忘れないです」とつづり、「そして妻へ。お疲れさまでした。子供を産んでいる時のあなたは素敵でした。格好良かったです。最高です。愛してます。そして、産まれてきた我が子も。愛してます」と感謝の言葉をつづった。
《花》

関連ニュース

特集

page top