森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」 | RBB TODAY

森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」

エンタメ 映画・ドラマ

森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」
  • 森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」
  • 森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」
  • 森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」
  • 森三中・大島「ストッキング、顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」
 9月29日から日本で公開となる映画『ドリーム』の公開直前イベントが27日に東京・六本木CLAPSで行われた。イベントには森三中の大島美幸、村上知子、黒沢かず子の3人が登壇した。

 森三中の3人は映画の主人公たちをイメージした1960年代風のファッションに身を包み登場。大島は「ストッキングを履いてるんですけど、いつも頭にばっかり被ってるんで久々に履きましたね。顔を入れるものじゃなく履くものなんですね」と女性芸人ならではのコメント。黒沢から「(メガネをかけた大島に)銀シャリの橋本さんですか?」と振られ大島が「違うよ! 女性だしイヤリングもしてるから!」とツッコみ会場を笑わせる場面もあった。

 映画の主人公たちが働きながら子育てもするたくましい女性ということで、同じ境遇にいて共感できたことを問われると、3人の中で唯一独身の黒沢が「仕事しながら子育てしてもして、男性陣はわからなかったりする方もいるかもしれませんが、本当に大変です よね! 子育てしてみて!」と率先して話し始め、大島と村上は総ツッコミ。「清水ミチコさんやオアシズさんたち、先を歩いてくださった先輩方は本当に大変だったと思います。いま女性芸人が多くて心地がいいです。劇中でもチャレンジをしていく精神で、不可能を可能にしていくところ、かっこいいですね」と取り直した。

 続けて村上が「劇中ではお母さんも一緒に住んでいて、そうやって周りに支えてくれる人がいるからこそ頑張れるので、すごく有難いですよね」、大島も「私たちも、芸人という男社会にいさせてもらって、そこでどう自分たちをアピールしていくのかは少し似ているかなと思いました。なのでこの女性たちを応援したくなるし、自分たちも頑張ろうと思えました」と語り、さらに「女性芸人は着替えが大変なんです、芸人のイベントに女性楽屋がないことが多くて。肌を見せずに着替えるの上手くなりました。ケツとか出してるのにそこは見せない(笑)」と男性社会の中での苦労を明かし会場を盛り上げました。

 また、クレバーな数学の天才だった主人公たちに挑戦するべくリケジョ対決ということで森三中の3人が電卓で早計算に挑戦。練習問題で活躍していた黒沢だが、本番ではまさかの3位となってしまい罰ゲームを受けることに。3人の前に実際に使われている宇宙食のカレーが登場し、村上と大島は「レトルトカレーのなかでもかなり上位に来るような、本当においしい!!」と感激。一方、黒沢のカレーは「明らかににおいも色も違う!」と言いながら口にすると「辛い!! そりゃそうでしょうね!!」と大悶絶。それでも黒沢から「どうしよう、おなかすいてるからこれでも食べたい……」とまさかの発言が飛び出す場面などもあり、大盛り上がりの中イベントは幕を閉じだ。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top