指原莉乃、主演映画『薔薇色のブー子』の興行成績を自虐……「大爆死」 | RBB TODAY

指原莉乃、主演映画『薔薇色のブー子』の興行成績を自虐……「大爆死」

 HKT48・指原莉乃が6日深夜放送のラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、主演映画『薔薇色のブー子』の興行成績が伸びなかったことを自虐した。

エンタメ その他
HKT48・指原莉乃(資料画像)
  • HKT48・指原莉乃(資料画像)
  • 指原莉乃
 HKT48・指原莉乃が6日深夜放送のラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、主演映画『薔薇色のブー子』の興行成績が伸びなかったことを自虐した。

 同番組では、指原とAKB48総合プロデューサー・秋元康氏、映画監督の福田雄一氏、マルチタレントのリリー・フランキーの4名でトークを繰り広げた。『薔薇色のブー子』が話題に上ると、指原は、「大爆死映画!」と自虐。ただ、「ぶっちゃけ私にダメージはない」とのこと。「女優になりたいわけじゃないから、女優としての名前に傷がついても仕方ない」と正直に語り、「ただただ製作のテレ朝だけが傷ついた」とネタにした。

 監督を務めた福田氏は、「ピュアすぎました。面白かったらヒットすると思ってた」と振り返り、指原も「仕方ないですよ」と相槌を打つ。リリーは、「監督と主役がこれだけ沈んだトーンで話すくらいの興行だったんだ」とイジった。
《原田》

関連ニュース

特集

page top