マツコ、AKB48・渡辺麻友の問題点を指摘……「指原さんの役目ってデカかった」 | RBB TODAY

マツコ、AKB48・渡辺麻友の問題点を指摘……「指原さんの役目ってデカかった」

エンタメ その他
『第6回AKB48選抜総選挙』で1位を獲得した渡辺麻友(資料画像)
  • 『第6回AKB48選抜総選挙』で1位を獲得した渡辺麻友(資料画像)
 タレントのマツコ・デラックスが9日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、AKB48の37枚目のシングル(タイトル未定、8月発売)の選抜メンバーを決める『第6回AKB48選抜総選挙』でAKB48・渡辺麻友がセンターの座を勝ち取ったことについてコメントした。

 7日に開票が行われた『第6回AKB48選抜総選挙』では、渡辺が得票数15万9854票で首位を獲得。前回1位だったHKT48・指原莉乃を約1万8000票差で下した。

 男性スキャンダルを逆手にとったぶっちゃけトークで人気を博した指原から正統派アイドルの渡辺にセンターが移ったことを喜ぶファンもいるが、マツコは違う見方らしい。「渡辺麻友さんは王道だと思うんだけど、今のアイドルってそれだけじゃないじゃん」と主張する。現代のアイドルは可愛さや清楚さだけでなくトーク力も求められていると語り、「そういうものも求められる中で、指原さんがした役目ってデカかったと思うんだよね」と指摘。渡辺がセンターになったことでグループは王道路線に戻るだろうが、指原のようにテレビを効果的に利用することができるのかと首をひねりつつも、「そういうのは今まで通り指原がやるんじゃない?」と結んだ。
《原田》

関連ニュース

特集

page top