ガルネク千紗、解散ライブ終えて感慨……「いつかお腹の子にも話してあげたい」 | RBB TODAY

ガルネク千紗、解散ライブ終えて感慨……「いつかお腹の子にも話してあげたい」

 8日に行われたライブをもって解散した男女3人組ユニット・girl next door(ガール・ネクスト・ドア、以下ガルネク)のボーカル・千紗が10日、その解散ライブの感想をブログにつづっている。

エンタメ ブログ
 8日に東京・渋谷で行われたライブをもって解散した男女3人組ユニット・girl next door(ガール・ネクスト・ドア、以下ガルネク)のボーカル・千紗が10日、その解散ライブの感想をブログにつづっている。

 千紗が妊娠中ということもあり、メンバーやスタッフと何度もミーティングを重ねた上で行われたという同公演。幼稚園の頃からダンスを続けている千紗にとって、ダンスなしは考えられなかったそうで、「最高のダンサーさんたちに囲まれて、少しでもダンスできたこと。ほんま嬉しかった」と喜びを示している。

 ライブはファンやスタッフからのサプライズもあり、温かな雰囲気だった模様。千紗は、キーボードの鈴木大輔、ギターの井上裕治とのスリーショットを公開し、「girl next doorの5年間。いつかお腹の子にも話してあげたい」「そんな誇れるような素敵な思い出をみんなにもらいました」と感謝を述べた。

 ガルネクは9月、ベストアルバムリリースとワンマンライブをもって年内に解散することを発表。千紗は、夫である競泳男子平泳ぎの北島康介選手との第1子妊娠が11月にわかり、ラストライブは体に負担がかからない範囲で実施すると伝えていた。なお、ガルネク解散後は、鈴木と井上は音楽活動を継続、千紗は芸能活動から引退する意を示している。
《原田》

関連ニュース

特集

page top