国内ITサービス市場、6つの産業分野すべてで大手5ベンダーがトップ10入り | RBB TODAY

国内ITサービス市場、6つの産業分野すべてで大手5ベンダーがトップ10入り

 IDC Japanは7日、国内ITサービス市場でのベンダー売上を、「金融」「製造」「流通」「通信/メディア」「政府/公共」「その他」の産業分野別に調査し、ベンダーの競合状況についてまとめた結果を発表した。

エンタープライズ 企業
国内ITサービス市場:成長率上位5ベンダーの売上額前年度比成長率と産業分野別寄与度、2012年3月期
  • 国内ITサービス市場:成長率上位5ベンダーの売上額前年度比成長率と産業分野別寄与度、2012年3月期
 IDC Japanは7日、国内ITサービス市場でのベンダー売上を、「金融」「製造」「流通」「通信/メディア」「政府/公共」「その他」の産業分野別に調査し、ベンダーの競合状況についてまとめた結果を発表した。

 これによると、2012年3月期のITサービスベンダー売上におけるトップ5ベンダーである富士通、NEC、NTTデータ、日立製作所、IBMがすべての産業分野でトップ10に入る結果となったとのこと。主要ベンダー11社の産業分野別業績は、全体としては回復傾向にあるものの、その回復には偏りがあるとのこと。

 ITサービス全体でプラス成長を遂げたベンダー5社も、政府/公共や金融業向け売上がプラス成長を支えたほか、スマートフォンの普及に伴う通信業向けの需要拡大、流通分野の小口顧客の獲得など、産業分野別にみた要因はそれぞれ異なっているという。

 同社マーケットアナリストの植村 卓弥氏は「ITサービスベンダーはやみくもに今あるソリューションのクラウドサービス化を進めるのではなく、各産業において業態や企業規模に応じたデリバリーモデルを検討し、最適なサービスポートフォリオの整備を急ぐべきである」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top