市場予測ニュース | RBB TODAY

市場予測に関するニュース一覧

1年で5倍成長の「介護ロボット」市場、移乗介助・移動支援タイプ等が牽引 画像
IT・デジタル

1年で5倍成長の「介護ロボット」市場、移乗介助・移動支援タイプ等が牽引

 昨年より急速に発展している「介護ロボット」市場だが、矢野経済研究所による調査で、2015年度の国内介護ロボット市場は10億7600万円と、前年度比549.0%と大きく伸長したことが明らかとなった。

アプリ市場の規模、2020年には現在の2倍まで拡大 画像
IT・デジタル

アプリ市場の規模、2020年には現在の2倍まで拡大

 2020年には、現在のアプリ市場は、ほぼ2倍の規模にまで拡大する。そんな予測が、調査会社のApp Annieから発表された。

訪日旅行客の新傾向、「爆買い」ネクストは「爆食」「爆験」に……モノからコトに変化 画像
ビジネス

訪日旅行客の新傾向、「爆買い」ネクストは「爆食」「爆験」に……モノからコトに変化

 2015年のユーキャン新語・流行語大賞にもなるなど、昨年一大ブームとなった、訪日外国人による「爆買い」。年が明けて一段落した感はあるが、2020年までの“次の動き”に、観光・物販業界は、まだまだ期待を寄せている。実際、次に来るのは、どういった波なのだろうか?

国内スマホゲーム市場、1兆円超え間近ながら成長は鈍化 画像
エンタープライズ

国内スマホゲーム市場、1兆円超え間近ながら成長は鈍化

 家庭用ゲームの国内市場は2007年に絶頂を迎え、2兆円超えを果たしたが、以降は年々減少。2015年7月発刊の「2015CESAゲーム白書」によると、2014年時点で、ハードウェアが1,378億円、ソフトウェア(パッケージ)が2,356億円、合計で3,734億円に留まっている。

2015年のネット変化を振り返る……Chromeが1位に、電子書籍は伸び悩み 画像
ブロードバンド

2015年のネット変化を振り返る……Chromeが1位に、電子書籍は伸び悩み

 2015年の1年間を通じ、OSやブラウザのシェア、人気SNS、スマホやタブレットの普及率、通信キャリアの伸びはどう変化したのか? ジャストシステムが9日に調査レポート『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 ~2015年度総集編』を公開した。

スマホOS別シェア、iOSが初の下落 画像
ブロードバンド

スマホOS別シェア、iOSが初の下落

 iPhone出荷台数が、国内で初めて前年割れしたことを2月に報じたが、年間のスマートフォンOS別シェアにおいても、2011年以降の増加傾向から、初めてiOSが後退したことがあきらかとなった。

映像ソフト市場、ついにBlu-rayがDVDを上回る 画像
ブロードバンド

映像ソフト市場、ついにBlu-rayがDVDを上回る

 2006年からソフトが販売開始されたBlu-ray。高画質・大容量から支持は大きかったが、すでに大きく普及していたDVDが、いまだ広く使われているのが現状だ。GfKジャパンは19日、2015年のセル映像ソフトの販売動向に関する調査結果を発表した。

ソーシャルビジネス市場、2014年は約127億円……2019年には3倍超に 画像
エンタープライズ

ソーシャルビジネス市場、2014年は約127億円……2019年には3倍超に

 IDC Japanは7日、国内ソーシャルビジネス関連市場について、概算と成長予測を発表した。「コラボレーション」「CRM」「ERM」のソフトウェア市場の一部を抽出し、合算したコンペティティブ市場として分析した。

国内PCの出荷、1999年以来の低水準……前年同期比36.0%減 画像
エンタープライズ

国内PCの出荷、1999年以来の低水準……前年同期比36.0%減

 IDC Japanは24日、2015年第2四半期(4月~6月)の国内クライアントPCの市場出荷実績について発表した。

IT支出動向、大企業も中小も来年以降は堅調推移 画像
エンタープライズ

IT支出動向、大企業も中小も来年以降は堅調推移

 IDC Japanは2日、国内IT市場のIT支出について、企業規模別の動向および今後の規模予測を発表した。

タブレット端末、今年度にノートPCと出荷台数が逆転へ 画像
エンタープライズ

タブレット端末、今年度にノートPCと出荷台数が逆転へ

 ICT総研は22日、「スマートデバイス」の市場動向を調査した結果を発表した。この調査ではスマートデバイスは、スマートフォンとタブレット端末(アプリを利用できる6~11インチサイズの端末)の総称と位置付けている。

ドローンなどの産業用無人飛行機市場、2020年には現在の10倍以上に成長 画像
エンタープライズ

ドローンなどの産業用無人飛行機市場、2020年には現在の10倍以上に成長

 シード・プランニングは15日、国内の産業用無人飛行機・ヘリコプターの市場動向に関する調査結果を発表した。調査期間は2014年11月~2015年3月。

防犯・監視カメラ関連業者の売上高規模が800億円突破 画像
エンタープライズ

防犯・監視カメラ関連業者の売上高規模が800億円突破

帝国データバンクは19日、防犯・監視カメラ関連業者158社の経営実態調査として、防犯・監視カメラ関連業者の市場拡大が加速しており、売上高規模800億円を突破しているというレポートを発表した。

国内モバイルデバイスの出荷台数、前年から大きく落ち込み 画像
エンタープライズ

国内モバイルデバイスの出荷台数、前年から大きく落ち込み

 IDC Japanは13日、国内モバイルデバイス市場(スマートフォン市場、タブレット市場、PC市場、通信データカードなど含む)の2014年第3四半期(7~9月)の出荷台数実績、2014年~2018年の予測を発表した。

法人の携帯電話、3年後もフィーチャーフォンが主流 画像
エンタープライズ

法人の携帯電話、3年後もフィーチャーフォンが主流

 MM総研は7日、「法人ユーザーにおける携帯電話/スマートデバイスの導入配布状況・ニーズに関する調査(2014年度版)」の結果を発表した。

ウェアラブル端末、2020年には国内680万台に……2014年は130万台規模 画像
エンタープライズ

ウェアラブル端末、2020年には国内680万台に……2014年は130万台規模

 シード・プランニングは5日、「ウェアラブル端末」の市場展望に関する調査結果を発表した。公開情報をもとに、市場への参入事業者動向と消費者動向、現在展開されているウェアラブル製品のトレンドを分析したものとなっている。

標的型サイバー攻撃向け対策関連が市場をけん引……2015年以降のセキュリティ市場 画像
エンタープライズ

標的型サイバー攻撃向け対策関連が市場をけん引……2015年以降のセキュリティ市場

 IDC Japanは5日、国内情報セキュリティ製品市場の2014年~2018年の予測を発表した。2013年~2018年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.0%、2018年には3,004億円の市場規模に拡大すると予測されている。

防犯・監視カメラ市場は東京五輪効果で500億円市場へ~富士経済報告書 画像
ブロードバンド

防犯・監視カメラ市場は東京五輪効果で500億円市場へ~富士経済報告書

マーケティング会社の富士経済は12月18日、セキュリティ関連の国内市場動向を分析し、今後の予測を含めた報告書として「2014 セキュリティ関連市場の将来展望」を発表した。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 10
  8. 最後
Page 1 of 13
page top