AKB48と小室哲哉のコラボが実現へ!? 秋元康がラブコールを快諾……「是非、何かやりましょう」 | RBB TODAY

AKB48と小室哲哉のコラボが実現へ!? 秋元康がラブコールを快諾……「是非、何かやりましょう」

エンタメ 音楽

秋元康Google+
  • 秋元康Google+
  • 小室哲哉Google+
 アイドルグループ・AKB48への楽曲提供を希望する気持ちをGoogle+上で明かしていた音楽プロデューサーの小室哲哉。このラブコールに対して秋元康総合プロデューサーが26日に、同じくGoogle+を通じて「是非、何かやりましょう」と快諾した。

 小室は25日に、自身のGoogle+公式アカウントにて「秋元先生に、そろそろ決めうちで、1曲小室曲使ってみません?のようなニュアンス、お伝えしておいてくれる方、いらっしゃったらお伝えしておいてください」と、AKB48へ自身の楽曲を提供したいという意思を伝える投稿をしていた。

 さらに続けて同日には、「時代をシンボライズするアイコン、秋元さん軍団はいよいよ確実に時代の香りを調合したと思うわけです」と評した上で、「もし、職業作曲家として、競作の機会があったら、きっと必死になって鮮やかな色添えをと、昔と変らない僕がそこにいるだろうなあ」と、改めて楽曲提供および競作の意思を匂わせた小室。「そう、僕は幸か不幸か、まだまだ、時代に貪欲なのです」と胸のうちを吐露していた。

 この唐突なラブコールに、「伝言、聞きました。是非、何かやりましょう。久しぶりに飲みましょう」との快諾をもって応えた秋元。小室&秋元という時代を牽引してきた2人の大物プロデューサーによる異例のコラボに、ファンからも「すごい!」「おおおおおーーーすげえええ」「コラボ楽しみです!」と期待の声が多数寄せられている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top