NEC、インテルXeon X3470/Core i5など搭載の高性能WS「SEGUENTE Express5800/50」新製品を発売 | RBB TODAY

NEC、インテルXeon X3470/Core i5など搭載の高性能WS「SEGUENTE Express5800/50」新製品を発売

エンタープライズ モバイルBIZ

Express5800/54Cd(静音モデル)
  • Express5800/54Cd(静音モデル)
  • Express5800/54Xg(ミッドレンジモデル)
  • Express5800/53Xf(省スペースモデル)
  • 新製品の構成と価格
 NECは19日、高性能ワークステーション「SEGUENTE(セグエンテ)Express5800/50シリーズ」の新製品として、「XeonプロセッサーX3470」を搭載したミドルレンジモデルなど3製品の販売活動を開始した。いずれも出荷は27日より。

 新製品は、水冷ユニットを採用した静音設計モデル「Express5800/54Cd」、ミドルレンジでグラフィック処理に優れたモデル「Express5800/54Xg」、省スペースモデル「Express5800/53Xf」の3タイプ。また、Microsoft Windows7 Professional搭載機を、この3機種を含め、ハイエンドモデルから省スペース型のエントリーモデルまで全7機種ラインナップで用意。ユーザーのニーズに応じて最適な機種を選択・購入を可能とした。

 水冷式静音モデル「Express5800/54Cd」は、インテル社製最新CPU「Core i5プロセッサー670(3.46GHz)」を採用。新CPUは、メモリコントローラ、PCI ExpressをCPU内に一体化した新アーキテクチャーを採用し、アクセスレイテンシー(遅延)低減による性能向上と消費電力削減を実現している。また、NECのサーバ等で実績のある水冷技術をベースとした水冷ユニットを採用することにより、動作時35dB以下の静音環境となっている。3次元CAD等で要求される高性能CPUおよび高速グラフィックスボードは発熱量が多く、冷却ファンの音が大きくなる傾向にあるが、CPU部に水冷ユニットを搭載することにより高速演算や大量データ処理を行う高度な設計業務においても作業効率を妨げない静音・低排気な利用環境を実現したという。

 ミドルレンジモデル「Express5800/54Xg」は、インテル社製最新CPU「XeonプロセッサーX3470(2.93GHz)」を採用。「Express5800/54Cd」と同じく、性能向上と消費電力削減を実現。さらに8MBの共有3次キャッシュにより、複数処理の高速化が可能となり、たとえば、処理負荷の高いビデオ編集などの作業を快適に行う高度なマルチタスクを実現可能とした。また、高速3Dグラフィックスアクセラレータとして定評のある「nVIDIA Quadro FX 4800」「nVIDIA Quadro FX 3800」が搭載可能であり、高い処理能力が要求される3D CAD/CG等の用途にも最適とのこと。

 省スペースモデル「Express5800/53Xf」は、136(W)×376(D)×335(H)mmの筐体に、インテル社製最新CPU「XeonプロセッサーX3470(2.93GHz)」を採用。先の2製品と同じく、性能向上と消費電力削減を実現し、「Express5800/54Xg」と同じく8MBの共有3次キャッシュにより、複数処理の高速化が可能だ。また、最大16GBのメモリ搭載や、オンボードRAIDと内蔵ハードディスク2台の組み合わせによるミラーリング構成を可能とするなど、省スペース筐体ながら優れた拡張性・信頼性を有している。さらにミッドレンジグラフィックスアクセラレータ「nVIDIA Quadro FX 1800」、エントリーグラフィックスアクセラレータ「nVIDIA Quadro FX 580」などが搭載可能であることから、開発・デザイン制作向けのシステムを省スペース環境で実現した。
 
 「Express5800/54Cd」の価格は、製品構成「Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD、DVD-ROM、オンボードGA、Windows7 Professional」が24万6000円(税抜)、「Core i5 670(3.46GHz)、4GBメモリ、250GBHDD、DVD SuperMULTI、Quadro FX3800、Windows7 Professional」が54万8000円。「Express5800/54Xg」の価格は、製品構成「Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD(SATA)、DVD-ROM、Quadro FX 580、Windows7 Professional」が24万8000円、「Xeon X3470(2.93GHz)、4GBメモリ、300GBHDD(SAS)、DVD SuperMULTI、Quadro FX4800、Windows7 Professional」が82万7000円。「Express5800/53Xf」の価格は、製品構成「Core i3 540(3.06GHz)、2GBメモリ、160GBHDD、DVD-ROM、オンボードGA、Windows7 Professional」が20万7000円、「Xeon X3470(2.93GHz)、4GBメモリ、500GBHDD、DVD SuperMULTI、Quadro FX1800、Windows7 Professional」が48万8000円。
《池本淳》

関連ニュース

特集

page top