NEC、BIGLOBEの運用ノウハウを活用したiDC向けサーバ「Express5800/iモデル」新製品を発売 | RBB TODAY

NEC、BIGLOBEの運用ノウハウを活用したiDC向けサーバ「Express5800/iモデル」新製品を発売

エンタープライズ ハードウェア
2way/1Uラックマウントサーバ「Express5800/iR120a-1E」
  • 2way/1Uラックマウントサーバ「Express5800/iR120a-1E」
  • 価格、構成など
 NECは10日、データセンター向けサーバ「Express5800/iモデル」において、従来比最大60%省電力化した2way/1Uラックマウントサーバ「Express5800/iR120a-1E」を製品化し、販売活動を開始した。

 「Express5800/iR120a-1E」は、BIGLOBEのデータセンター運用ノウハウを活用して製品化、サーバのリモート管理機能を強化するなど運用性を大幅に向上させたという。従来、人手を介して実施していたBIOSやファームウェアの更新、サーバの緒元情報やログ情報の採取等が、セキュアな通信基盤を介してリモート環境で簡単に可能となっている。また低消費電力CPU・省電力メモリおよび最大88%の変換効率を実現する「80PLUS SILVER」対応の電源ユニットを採用することで、従来比最大60%の省電力化となる待機時80Wを実現。性能についても、従来比約60%の向上を実現した。

 あわせて大規模データセンター事業者で広く活用されているLinux OSをベースとするシステムにおいて、構築・運用を支援する技術サービスをあらたに開始する。NECに専用窓口を設置し、OS・ハードウェア・ミドルウェアの問題切り分けから調査の実施、さらに、原因解析のためのツールの提供、運用にかかわる問題解決・回避のための手順・修正方法の提供を行う。なお、BIGLOBEでは、本サービスを活用して、CentOSおよびXenを活用した大規模仮想環境の検証を実施している。

 Express5800/iR120a-1Eの価格は21万5千円〜(税別)。出荷開始は12月25日より。なお「Express5800/iR120a-1E」は、個人・企業向けに提供するBIGLOBEのクラウド型サービスのプラットフォームとしても、2010年2月より導入される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top