NEC、最新インテルXeon E7 v2採用のエンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」発売 | RBB TODAY

NEC、最新インテルXeon E7 v2採用のエンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」発売

エンタープライズ ハードウェア

NX7700x/A2010M-60
  • NX7700x/A2010M-60
  • 価格、出荷日
 日本電気(NEC)は2月19日、企業の基幹システムやビッグデータ活用における高信頼基盤向けに、エンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」の販売を開始した。

 高可用モデルの「NX7700x/A2010M-60」「NX7700x/A2010M-30」「NX7700x/A2010M-15」、スタンダードモデルの「NX7700x/A2010L-60」が提供される。いずれも、最新CPU「インテル Xeon プロセッサーE7 v2製品ファミリー」を採用、最大で4CPU搭載可能で、従来機比で約2倍の性能向上を実現した。さらに、障害予兆が現れた場合に自律的に保守を行うRAS(Reliability Availability Serviceability)機能に対応する。データを高速処理する「インメモリデータベース」にも対応可能。

 また、重要業務のデータベース利用領域では、クラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」とサービスプロセッサの連携機能、およびデータベースのクラスタリングを実現するための「Oracle Clusterware、Oracle RAC」との連携機能を強化している。

 I/Oスロットには最新規格のPCI-Express3.0を最大16スロット搭載し、複数のネットワークインターフェイスカードやストレージインターフェイスカード、フラッシュストレージなどを同時に搭載するリアルタイム分析基盤を構築可能。

 なお、新製品をNECの垂直統合製品「NEC Solution Platforms」にも適用し、信頼性・可用性をさらに向上させた「Data Platform for Oracle Database」や、Windows基盤を活用した「Data Platform for Microsoft SQL Server」、SAP HANA向けアプライアンスサーバ「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA」をあわせて発売する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top