【CEATEC JAPAN 2008 Vol.2】ディスプレイとキーが分離する携帯電話「セパレートケータイ」 | RBB TODAY

【CEATEC JAPAN 2008 Vol.2】ディスプレイとキーが分離する携帯電話「セパレートケータイ」

 ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。

エンタープライズ モバイルBIZ
 ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。
  •  ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。
  •  ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。
  •  ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。
 ディスプレイとキーが分離する「セパレートケータイ」。「CEATEC JAPAN 2008」にてドコモが展示をしている。

 セパレートケータイでは、キー部分が親機となり携帯電話のネットワークに接続。キー部分とディスプレイ部分はBluetoothで接続されている。このディスプレイ部分とキー部分は、マグネットでつながっており、横方向にも縦方向にも結合できる。

 このように分離することで、キー部で電話をしながらディスプレイ部でiモードを使ってスケジュールを確認するといったことができる。また、キー部をカバンに入れたままで、ディスプレイ部だけでのWeb閲覧やポータブルオーディオプレイヤーとして使える。

 発売は未定。展示品は実際に通話や通信機能が利用できたが、現時点ではワンセグやおサイフケータイの機能は入っていない。
《安達崇徳》

関連ニュース

特集

page top