【iEXPO2009 Vol.1】PUE=1.4台——グリーンクラウドプラットフォームを支える3つの柱 | RBB TODAY

【iEXPO2009 Vol.1】PUE=1.4台——グリーンクラウドプラットフォームを支える3つの柱

エンタープライズ その他
クラウドプラットフォーム関係の展示エリア
  • クラウドプラットフォーム関係の展示エリア
  • Express 5800 iモデル
  • デモ機の消費電力モニタ
  • :データセンタ向け各種センサー。上が温度センサーで下が電流センサー
  • REAL IT COOLプラザの実PUE
 NECは5日、6日の2日間にわたり、東京国際フォーラムにおいて、プライベートイベント「C&Cユーザーフォーラム & iEXPO 2009」を開催している。展示会場を、クラウドやセキュリティ、映像技術など8つのエリアにわけて、NEC、同グループ企業、パートナー企業らの新技術、新製品などを展示、デモンストレーションを行っていた。

 クラウドプラットフォーム関連の展示エリアでは、NECのデータセンター専用サーバ iモデルとともに、データセンターの省電力化(いわゆるグリーンIT)への取り組みが披露されていた。NECでは、クラウド時代のデータセンターやサーバは省電力化がキーワードになるとして、3つのプラットフォーム技術によってそれを実現しようとしている。

 まず省電力ハードウェアとしてサーバやストレージ製品の低消費電力化、小型化を進め、次にファシリティサービスとして、冷房装置、電源設備、ラックおよびアイルソリューション。さらにそれらを最適に制御する管理ソフトウェアだ。

 ハードウェアについては、Express5800にデータセンター専用ともいえるiモデルを投入している。このサーバは1Uハーフサイズの筐体で、待機電流が1A以下という低消費電力モードを備えている。フルサイズの筐体も奥行きが標準よりも小さくなっており、小型化による省電力、少ない発熱などが特徴となっている。こちらは待機モードで1.2Aだそうだ。

 そして、これらのラックを無駄なく運用するための電源管理、温度管理のためにファシリティサービスがある。NECのデータセンタファシリティの特徴は、ラックごとに設置される空調装置と、コールドアイル・ホットアイルによる局所冷却、電流センサー、温度センサーによるセンサーソリューションなどだ。

 これらのサーバやソリューションによって構築されたデータセンターは、NEC本社ビル1Fに「REAL IT COOLプラザ」として公開されている。会場では、現地の稼働状況がモニタリングできるようになっており、PUEは1.47前後を表示していた。PUEは、データセンター全体の電力に占めるIT機器の消費電力の割合である。1に近いほど、IT機器以外の空調や照明などに使われる電力が少ないということで、効率のよいデータセンターとされる。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top