デル、Xeon 8コアCPU搭載のハイエンドからエントリーまで新筐体ワークステーションを4機種 | RBB TODAY

デル、Xeon 8コアCPU搭載のハイエンドからエントリーまで新筐体ワークステーションを4機種

IT・デジタル デスクトップPC

「Dell Precision T7600」
  • 「Dell Precision T7600」
  • 「Dell Precision T5600」
  • 「Dell Precision T3600」
  • 「Dell Precision T1650」
 デルは、筐体設計を刷新したワークステーション「Dell Precision」を販売開始した。4機種をラインアップする。

 BTO対応で上位機種から順に価格は、「Dell Precision T7600」が276,150円~、「Dell Precision T5600」が224,070円~、「Dell Precision T3600」が190,365円~、「Dell Precision T1650」が153,085円~。

 「Dell Precision」は、次世代モデルとなるタワー型ワークステーション。筐体設計を刷新し、取り外し可能の電源ユニットを採用。メンテナンスしやすいように、工具を使用せずに電源ユニットを外側から取り外せるようにした。また、電源ユニットにロック機能を搭載し、動作が正常な場合は緑色のランプが点灯する。

 最上位の「Dell Precision T7600」は、全目からHDDをを取り外し入れ替えが可能なフロントアクセス式を採用。最大で3.5型HDDを4基、あるいは2.5型HDDのハードドライブを8基搭載できる。また、標準的なDell PowerEdgeサーバのラックに対応し、ラッキングが可能となっている。

■デル最強をうたう「Dell Precision T7600」

 デュアルソケットCPUを採用。PCIe 16倍のグラフィックカードスロットをフルサイズで最大4つ搭載可能で、NVIDIA Quadro 5000ハイエンド・グラフィックカードと2つのNVIDIA Tesla C2075プロセッサをサポートする。フロントアクセス可能なHDDを最大8つ搭載可能。1,300W電源ユニットを採用する。

 CPUはXeon E5-2600ファミリーの4/6/8コア、メモリは256/512GB、ストレージは146GB/256GB/900GB/3TB HDD。本体サイズは幅216×高さ438×奥行き545mm。

■コンパクトモデル「Dell Precision T5600」

 デュアルソケットCPUを採用。NVIDIA Quadro 6000ハイエンド・グラフィックカードと2つのNVIDIA Tesla C2075プロセッサをサポート。電源ユニットを635W/825Wから選択可能としている。本体サイズは幅172.6×高さ414×奥行き471mm。

■ミッドレンジモデル「Dell Precision T3600」

 NVIDIA Quadro 6000グラフィックカードまたはNVIDIA Quadro 5000グラフィックカード2枚とNVIDIA Tesla C2075プロセッサをサポート。電源ユニットを425W/635Wから選択可能としている。

 CPUはXeon E5-2600ファミリーの8コアやE5-1600ファミリーの4/6コア、メモリは8/64GB、ストレージは146GB/256GB/900GB/3TB HDD。本体サイズは幅172.6×高さ414×奥行き471mm。

■エントリーモデル「Dell Precision T1650」

 CPUはXeon E3-1200ファミリーの4コアやCore i7/Core i5/Core i3、メモリは8/32GB、ストレージは256GB/2TB HDD。本体サイズは幅175×高さ360×奥行き435mm。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top