NEC、IAサーバ「Express5800シリーズ」の新製品を発売……最大約35%の省電力化 | RBB TODAY

NEC、IAサーバ「Express5800シリーズ」の新製品を発売……最大約35%の省電力化

エンタープライズ ハードウェア

1Wayタワーサーバ「Express5800/GT110d」
  • 1Wayタワーサーバ「Express5800/GT110d」
  • 1Wayスリムサーバ「Express5800/GT110d-S」
  • 1Wayラックサーバ「Express5800/R110d-1E」
  • 新製品およびサービスの希望小売価格(税別)および出荷開始日
 日本電気(NEC)は21日、IAサーバ「Express5800シリーズ」において、1Wayエントリサーバを新たに販売開始した。タワーサーバ「Express5800/GT110d」、スリムサーバ「Express5800/GT110d-S」、ラックサーバ「Express5800/R110d-1E」など計7モデルとなる。

 新製品では、いずれもサーバの節電運用を支援する電力制御機能が強化されており、サーバの消費電力値の上限値を設定できるパワーキャッピング機能を標準サポート。装置自体の省電力化と合わせて、最大約35%の電力削減を実現した。仮想化集約することで最大約70%の電力削減が可能となっている。

 また、サーバを事務所や店舗等に設置することが多い中堅・中小企業向けに、塵埃によるハードウェア故障を抑止する防塵オプションをサポート。テープドライブの故障原因の約3割、光ディスクドライブの故障原因の約9割(注4)を占める塵埃を防ぐことで、装置の安定稼働を実現した。さらに、サーバを初めて導入するSOHO(Small Office Home Office)市場向けに、マイクロソフト社の「Windows Small Business Server 2011 Essentials」のプリインストールモデルを製品化した。接続PC25台未満の小規模オフィス向けに、クライアントPCのバックアップやファイル共有などの機能を搭載するとともに、社外からのリモート接続もサポートする。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top