「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」がWebサイトを新設 〜 JASRAC、ACCSなどで構成 | RBB TODAY

「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」がWebサイトを新設 〜 JASRAC、ACCSなどで構成

エンタープライズ その他

CCIFサイト(画像)
  • CCIFサイト(画像)
  • 活動スキーム
 「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会(CCIF)」は17日、Webサイトを新設した。

 CCIFは「Consortium Copyright Infringement via File-sharing software」の略。ISP事業者団体および著作権等権利者団体から成る協議会で、ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害に対して、情報共有・調査・検討を行っている。また活動の一環として、著作権等侵害であると確認したコンテンツを共有(公開)しているWinnyユーザーに対し、権利者団体からISPへ啓発メールの送付を要請している。

 構成員はテレコムサービス協会 、ACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会)、日本インターネットプロバイダー協会、JASRAC(日本音楽著作権協会)、ヤフーなどで、警察庁・総務省・文化庁がオブザーバとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top