NI+C、クラウドコンピューティング・センターの構築基盤にIBM製品を採用 〜NTT ComのSaaS基盤と連携へ | RBB TODAY

NI+C、クラウドコンピューティング・センターの構築基盤にIBM製品を採用 〜NTT ComのSaaS基盤と連携へ

エンタープライズ その他

NTT Comによる提供サービス概要
  • NTT Comによる提供サービス概要
 日本IBMは16日、日本情報通信(NI+C)が自社内に設立するクラウドコンピューティング・センターの構築基盤に、IBM製品が採用されたことを発表した。

 今回NI+Cにて構築されたクラウド・コンピューティング基盤には、「IBM System z」、「IBM Power Systems」「IBM System x」「IBM BladeCenter」「IBM System Storage」といったIBMシステム製品全プラットフォームと、クラウド環境の構成、導入を自動実行することのできる製品「Tivoli Provisioning Manager」が採用された。NI+Cは、クラウドコンピューティング・センターを活用して、SaaS(Software as a Service)やPaaS(Platform as a Service)などの企業向けクラウド・コンピューティング・サービスを顧客に提供する計画だ。

 あわせて同日NTTコミュニケーションズは、NI+Cのクラウドコンピューティング・センターをベースとする企業向けクラウドコンピューティング・サービスにて、NTT ComのSaaS基盤サービス「BizCITY for SaaS Provider」と連携することで、VPNをアクセス回線として利用したクラウドコンピューティング環境を提供すると発表した。具体的なサービス展開の第1弾として、SaaSによる「ドキュメント管理サービス」と、PaaSによる「開発環境提供サービス」を8月より提供開始する予定とのこと。

 NI+Cは、IBMのサーバやストレージなど全製品を取り扱うシステムインテグレーターとして、これまでに培ったIT基盤構築技術と豊富なサーバ統合や仮想化導入の経験を活かして、IBMのクラウドコンピューティング技術を反映しながら、独自のクラウドコンピューティング・センターを構える。これにNTT ComがVPNサービスを提供することで、セキュアで安定した企業のICT環境を実現するとのこと。

します。NI+Cの企業向けクラウドコンピューティング・サービスには、お客さまが資産を持たずにサービスとして利用いただくメンバーシップサービスと、お客さま固有のシステムをそのまま活かしてICT環境をクラウド化するプライベート・サービスがあります。NTT ComのSaaS基盤と連携するサービスの第一弾として、メンバーシップサービスのうち、「ドキュメント管理サービス」と「開発環境提供サービス」を提供開始します。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top