NI+C、O2Oマーケティングを支援するクラウド「Interactive Marketing On Demand」提供開始 | RBB TODAY

NI+C、O2Oマーケティングを支援するクラウド「Interactive Marketing On Demand」提供開始

 日本情報通信(NI+C)は22日、Webサイトやモバイル、実店舗などさまざまな顧客接点でのO2Oマーケティング」を実現するためのクラウド・サービス「Interactive Marketing On Demand」の販売を開始した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
サービス概念図
  • サービス概念図
 日本情報通信(NI+C)は22日、Webサイトやモバイル、実店舗などさまざまな顧客接点でのO2Oマーケティング」を実現するためのクラウド・サービス「Interactive Marketing On Demand」の販売を開始した。

 「Interactive Marketing On Demand」は、日本IBMとのライセンス契約のもと、IBMのスマーター・コマース向けソフトウェア製品を月額料金のクラウド・サービスとして提供するもの。販売促進キャンペーンの計画から実行、測定までを支援する「キャンペーン管理」を主軸に、多言語・多通貨対応のeコマース・サイト構築を実現し、グローバルなビジネス展開を支援する「eコマース」、調達から販売までのサプライチェーンを管理する「オーダー管理」、さまざまなプロトコルに対応することでグループ会社や提携会社間など複数企業間での多様な業務におけるデータ連携を実現する「データ連携」の4つのサービスで構築される。

 具体的には、キャンペーン管理では「IBM Campaign(旧称Unica Campaign)」、eコマースでは「WebSphere Commerce」、オーダー管理では「Sterling Order Management」、データ連携では「Sterling B2B Integrator」と「Sterling Connect Direct」を、個別あるいは統合ソリューションとしてSaaSで組み合わせ自由なモジュール群で提供。さらに、ヴィクシア、サイバー・コミュニケーションズ、ブランドクロッシングなど、NI+Cと協業するマーケティング会社により、マーケティングに関するさまざまなサービスがオプションとして用意される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top