理経、IBM製XIVストレージ・システムの販売を開始 〜 | RBB TODAY

理経、IBM製XIVストレージ・システムの販売を開始 〜

 理経は13日、IBM製XIVストレージ・システムの販売を開始した。

エンタープライズ ハードウェア
IBM XIV独自のミラーリング技術による高可用性の実現
  • IBM XIV独自のミラーリング技術による高可用性の実現
  • IBM XIV Storage System
 理経は13日、IBM製XIVストレージ・システムの販売を開始した。

 IBMR XIV Storage Systemは、独自のミラーリング技術により高可用性を実現した高信頼性ディスク・ストレージ。Thin Provisioning機能による自動配置で、実際保有する以上に大きな仮想ディスク容量をユーザに提供することも可能となる。XIVは180個のHDDで分散アクセスできるので、ボトルネックやホット・スポット(局所的に忙しい状況)が発生しないという。また、XIVは非常に障害にも強く、たとえHDDに障害が起きたときでも残っている179個の全ディスクでリカバリーするため、データが満杯な状態でも30分程度、半分なら15分で回復コピーが終了する(一般に1TBのコピーには6時間〜25時間程度)。そのため、通常のディスクと比べて「二重障害」の発生する確率を大幅に低減させることが可能となる。

 理経では、CTやMRIなどの医療画像やコールセンターや通信販売業の音声記録といったイメージ・データ保管用、大規模メール・サーバのバックエンド・ストレージ、部門ごとに分散したファイル・サーバの統合を実現する大容量ディスクなどの用途を想定しており、今後のクラウド・コンピューティング分野での活用を見込んでいる。

 メイン・モデルのフル構成では、12台のドライブを搭載したモジュールを15個装備、ユーザ容量79TB、180個の1TB SATA HDD、6個のモジュールには ホスト接続用ポートを搭載(4Gb FCポート24個、1Gb iSCSIポート 6個)、120GBのキャッシュ(8GB×15モジュール)となる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top