NI+C、テキスト分析ソリューション「NI+Cテキストマイニング・パック」を月額提供 | RBB TODAY

NI+C、テキスト分析ソリューション「NI+Cテキストマイニング・パック」を月額提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

製品ロゴマーク
  • 製品ロゴマーク
  • サービス提供価格
  • ICAの分析機能
 日本情報通信(NI+C)は15日、ソーシャル・メディア上の書き込みやコールセンターに寄せられる意見などのビッグデータを、企業が手軽に分析できる環境を提供する、テキスト分析アプリケーションの月額利用サービス「NI+Cテキストマイニング・パック」の提供を開始した。

 「NI+Cテキストマイニング・パック」は、月額23万円からの料金で、IBMのテキスト分析ソフトウェア「IBM Content Analytics(ICA)」の機能をリーズナブルに利用できるサービス。日本IBMのパブリック・クラウド・サービス「IBM SmarterCloud Enterprise」を活用し、ライセンス契約のもとで提供する。

 最大800万件のテキスト・データを一括分析できるほか、Twitterを高速に分析する「Twitterクローラ」、メーカーの意図していない使い方を示す文書を検知するのに有効な「意外性フィルター」など、NI+Cの独自開発機能も提供される(オプション)。ソフトウェア製品の機能拡張を行うことにより、ソーシャル・メディアの書き込み数億件を一括分析することも可能。

 プランは、システム構築が不要ですぐに利用可能な「クラウドサービス型(SaaS)プラン」と、データを外部に出さずに利用する「オンプレミス型プラン」とが提供される。

 今後NI+Cは、ICAでの分析結果をマーケティング活動へ展開するサービスも提供していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top