多言語を習得するメカニズムを“脳科学的”に初調査……東大・MITなど 6枚目の写真・画像 | RBB TODAY

多言語を習得するメカニズムを“脳科学的”に初調査……東大・MITなど 6枚目の写真・画像

東京大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)、一般財団法人言語交流研究所(ヒッポファミリークラブ)は18日、世界で初めて多言語習得のメカニズムとその効果を脳科学的に調査することを発表した。三者は、今後5年間にわたり研究を進めていく方針だ。

エンタープライズ その他

関連ニュース

MRIによる結果から、英語が得意な大学生は、脳の言語中枢活動が明らかに低いことがも分かった
MRIによる結果から、英語が得意な大学生は、脳の言語中枢活動が明らかに低いことがも分かった

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【インタビュー】ARはどこまで浸透する?印刷業界の動き

    【インタビュー】ARはどこまで浸透する?印刷業界の動き

  2. 【連載・視点】地域の資産を有効活用!下諏訪で生まれた「温泉ストーブ」

    【連載・視点】地域の資産を有効活用!下諏訪で生まれた「温泉ストーブ」

  3. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  4. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  5. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  6. 【インタビュー】「ビッグデータ」時代の文書管理とは?(前編)

  7. 年間150万人を集客! 人口3500人の村を変えた「道の駅」の存在

  8. 【連載・視点】海外需要を捉えて成功した日本の伝統工芸……岩鋳の南部鉄器

  9. 三菱、仮想化技術を標準搭載した基幹業務サーバの新シリーズ「CENTRAGEシリーズ」

  10. トヨタ、75年の軌跡をウェブ公開

アクセスランキングをもっと見る

page top