重要鍵・重要物管理システム出展、内部犯罪の抑止にも~グローリー | RBB TODAY

重要鍵・重要物管理システム出展、内部犯罪の抑止にも~グローリー

エンタープライズ セキュリティ

収納する鍵の数によってサイズにバリエーションがある。写真はもっとも数を収納できる「KBS-130」。持ち出し可能な鍵の下のランプが光る。
  • 収納する鍵の数によってサイズにバリエーションがある。写真はもっとも数を収納できる「KBS-130」。持ち出し可能な鍵の下のランプが光る。
  • 鍵が使われている場合は画面に番号が表示され上部ランプが点灯。番号をタッチすると、持ち出した人の名前が表示される。
  • 重要物管理システムはモニターで各種設定などを行う。合わせてカードスキャナも装備。オプションでICカードや指静脈リーダーも搭載可能だ。
  • ロッカーを開けると撮影され、履歴から「誰が」「いつ開けた」のかを特定可能。用途に応じてロッカーのサイズを拡張することもできる。
 東京ビッグサイトで開催されている「リテールテックJAPAN2015」で、グローリーは、セキュリティ関連商品として、重要鍵管理システム「KBS-130」と重要物管理システム「セキュリティ・ストレージ・システム BK-200」シリーズを出展した。

 鍵管理システムは銀行やオフィスでも使われているが、従来はアナログなものだった。「KBS-130」は、ボックスを開けるのに、6つのパターンの照合が必要。IDカードのみ、IDカードや暗証番号との組み合わせ、オプションでは非接触ICカードや指静脈認証もできる。IDによって持ち出し可能な鍵を限定でき、持ち出すと履歴からすぐ分かるようになっているため、「今、誰が鍵を持っているのか」がすぐ分かる。

 重要物管理システム「セキュリティ・ストレージ・システム」は、例えばスーパーのサービスカウンターなど狭い場所で重要書類を扱うことを想定したデジタル管理ロッカーだ。コンパクトなロッカーはデスク横でも無理なく収まるサイズで、その最上部にモニタがあり、アクセスする人によって開けられる棚を設定できる。

 特に重要な書類や現金などの入っている棚は重役以上、印紙や切手などは経理部員のみなどの設定が可能だ。また、モニタの横にはカメラが装備され、操作した人間の画像を記録する。もちろん、開閉も秒単位で記録され、不正があればすぐに判明できる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top