日立情報、鉄道ダイヤをWebから簡単に作成できる国内初のクラウドサービス「SmartDia」開始 | RBB TODAY

日立情報、鉄道ダイヤをWebから簡単に作成できる国内初のクラウドサービス「SmartDia」開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

列車ダイヤ: 列車の運行を計画する機能
  • 列車ダイヤ: 列車の運行を計画する機能
  • 列車運行図表: 列車ダイヤで作成した計画を図表として出力する機能
  • 主な機能・サービス
 日立情報システムズは3日、全国の鉄道会社向けに、「鉄道輸送計画」(ダイヤ)を短期間で簡単に作成できるクラウド型のサービス「SmartDia(スマートダイヤ)」の提供を開始した。

 全国には、高額な導入費用や保守・運用費用が発生するという理由から、鉄道ダイヤを作成するシステムを導入できない、またはリニューアルできないという悩みを抱える鉄道会社が多数存在する。「SmartDia」は、Webブラウザとインターネット回線があれば月額料金で利用できる、国内初のクラウド型のダイヤ作成サービス。ダイヤの作成を短期間・低コストでシステム化したい鉄道会社、現状利用しているダイヤ作成システムの保守・運用費用を削減したい鉄道会社に向けた製品となっている。

 「SmartDia」では、「鉄道線」「軌道線(路面電車)」「LRT(Light Railway Transit)」に対応したダイヤ(列車運行計画、車両運用計画、乗務員運用計画)を短期間で簡単に作成できる。山ダイヤ図での「列車計画」、山ダイヤ図と横棒ダイヤ図での「運用計画」が可能。「SmartDia」で使用するマスタデータを使用開始日ごとに管理できるほか、改正日における各案(平日案、土曜案、休日案)の管理が可能となっている。また、路線間の「繋ぎ」の作成やダイヤの合理性も簡単にチェックできる。

 ダイヤ改正やイベント等による臨時ダイヤ検討の際、車両や乗務員の運用計画を簡単に組むことができるため、限られた検討期間内に多彩なシミュレートを行うことが可能。すでに本年7月から先行して提供している広島電鉄では、「鉄道線」と「軌道線」が混在する路線のダイヤを、従来の1/5の時間で作成できることを確認済みだという。利用金額は25万円/月~、初期費用100万円~。

 今後、日立情報では日立グループのクラウドソリューション体系である「Harmonious Cloud」の1つとして「SmartDia」を全国の鉄道会社に拡販し、2013年度(2014年3月)までに30社への販売を目指す。また「SmartDia」の多言語(英語、中国語他)対応を進め、日立グループが取り組む鉄道事業のグローバル展開に対応できるサービスとして強化を図る予定。合わせてバスダイヤへの対応も進める。また、日立情報の交通総合案内web「ハイパーダイヤ」と連携し、全国の鉄道ダイヤが表示可能な「SmartDia_web」を2011年10月までに開設する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top