NTTと福岡市、IT活用による「観光振興」「災害対策」で包括連携 | RBB TODAY

NTTと福岡市、IT活用による「観光振興」「災害対策」で包括連携

エンタープライズ 企業

包括連携協定の取り組みイメージ
  • 包括連携協定の取り組みイメージ
  • Wi-Fi機能付き自動販売機
 福岡市と日本電信電話(NTT)は14日、包括連携協定を締結することを発表した。ICTを利活用し、地域の社会課題を解決することを目指したものだ。

 福岡市とNTTグループは、福岡市無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」の環境整備、同サービスと観光アプリを連動させた「J Guidest Fukuoka」のトライアル、緊急情報発信のデモなどに、共同で取り組んできた実績がある。今回改めて、地域の活性化、市民サービスの向上などのため、包括連携を行う。

 具体的には、共働事業として、「観光振興」「地域の安全・安心、災害対策」の2つを掲げており、今後、Wi-Fi・デジタルサイネージ・ビーコン・アプリなどのICT技術を活用し、情報発信を行う。その他、市の魅力発信や地域活性化、市民サービス向上、福祉・教育分野など、さまざまな課題に対しても共同で取り組みを進める方針だ。

 また同日、NTTグループのテルウェル東日本は、NTT西日本の博多DOIMACHIに、福岡市無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」に対応した、Wi-Fi自販機を設置。災害時に無料で飲料を取り出せる防災ステーションとしての活用も可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top