『美味しんぼ』原作の雁屋哲氏、「鼻血問題」への反論本を来年1月出版 | RBB TODAY

『美味しんぼ』原作の雁屋哲氏、「鼻血問題」への反論本を来年1月出版

エンタメ ブログ

雁屋哲氏の公式ブログより
  • 雁屋哲氏の公式ブログより
  • 『美味しんぼ』第111巻(小学館の公式サイトより)
 人気漫画『美味しんぼ』の原作者である雁屋哲氏が、同作品の描写が「福島への風評被害を助長する」と問題になった件について、反論する書籍を来年1月に刊行することがわかった。雁屋氏が10日、自身のブログで発表した。

 『美味しんぼ』は今年4月、福島第1原発にまつわる描写が「福島への風評被害を助長する」とネット上を中心に懸念された。問題のシーンは、主人公・山岡士郎たちが福島第1原発見学後に、疲労感や鼻血が出る症状を訴えるというものだった。

 5月より連載休止となっている同作品だが、問題のシーンも収録された第111巻が10日に発売された。雁屋氏は自身のブログで、第111巻発売を伝えるとともに、「例の 『鼻血問題』に対する私の意見は、本にして来年の一月に発行します」と発表。「まずは単行本第110巻と111巻をお読み頂いてから、ご意見を賜りたいと存じます」と呼びかけ、「一部分だけ読んで、あれこれ言うのは反則でしょう」と訴えた。
《原田》

関連ニュース

特集

page top