里田まい、ももちと“新生カントリー娘。”の売り方戦略で「かなり生々しい話」 | RBB TODAY

里田まい、ももちと“新生カントリー娘。”の売り方戦略で「かなり生々しい話」

 再始動が発表された“新生カントリー娘。”カントリー・ガールズのスーパーバイザーに就任したタレントの里田まいが11日、同グループでプレーイングマネージャーを務めるBerryz工房の嗣永桃子と、グループの「売り方」について戦略を練っていることをブログで明かした。

エンタメ ブログ
 再始動が発表された“新生カントリー娘。”カントリー・ガールズのスーパーバイザーに就任したタレントの里田まいが11日、同グループでプレーイングマネージャーを務めるBerryz工房の嗣永桃子と、グループの「売り方」について戦略を練っていることをブログで明かした。

 里田は、メンバーの脱退により自身ひとりとなっていたカントリー娘。を新たにカントリー・ガールズとして活動再開することを決意。自身はスーパーバイザーとして関わり、さらにブレインとして春に活動停止するBerryz工房の嗣永が加わることになった。

 すでに2人は同グループに関するミーティングを始めているようで、先日ランチをした際には、「どうしたら売れるのか?っていうかなり生々しい話をしました」とのこと。嗣永から良きアイデアが出されたのか、里田は「10年アイドルグループやっている桃子は、さすがです。やっぱ頭いいです」と感心。ただ、その内容については、「会話は生々しすぎてここでは書けませんが笑」と断った。
《花》

関連ニュース

特集

page top