“ヨゴレ”ることも必要? AKB48、「ロンハー」出演で差がつく | RBB TODAY

“ヨゴレ”ることも必要? AKB48、「ロンハー」出演で差がつく

エンタメ その他

不思議ちゃんキャラで盛り上げた市川美織
  • 不思議ちゃんキャラで盛り上げた市川美織
  • 「タレント性がない」と言われてしまった島田晴香
  • 「ロンドンハーツ」公式サイト
 AKB48・島田晴香、市川美織(NMB48も兼任)が19日、「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で悩みを相談。トークでスタジオを沸かせた市川に対し、島田は「うるさかった」といまいちな受け止められ方。AKBからバラドルとして成功するヒケツはなんなのだろうか?

 島田と市川は、お笑いタレント・有吉弘行に進路相談をするという番組の人気コーナー「有吉先生のタレントマジ進路相談」に登場。2人とも現在のAKBG(グループ)にある“世代交代”の波に乗り切れず、伸び悩んでいると紹介された。

 不思議ちゃんキャラの市川は、「フレッシュレモンになるにはどうしたらいいのか」と尋ね、「自分はレモンになりたい」と訴える。「将来はレモンになって紅茶の中で浮きたい」「座右の銘は、レモンの上にも3年」などの迷言で盛り上げ、有吉も「こいつ超面白い」とご満悦だった。

 一方、「体を張れるNGのないアイドルになりたい」と打ち明けた島田だが、有吉は、笑いをとっている市川と比較して「島田はタレント性がない」とバッサリ。AKB内にないポジションを模索した結果、逆によくある個性のないタレントになっていると説明し、「AKBの外ではAKBは忘れて、いちタレントとして勝負しないと」と問題点を指摘した。

 視聴者の感想も、市川については「一番面白かった」「この子は売れそう」と好意的なものが多いが、島田については「うるさかった」などといまいちな反応。なかには「真面目そうで応援したくなった」という声もあるが、やはり島田と市川で差がついてしまったようだ。

 AKBG(グループ)で、バラエティで成功しているメンバーといえばHKT48・指原莉乃。過去の男性スキャンダルを逆手にとったぶっちゃけトークなど、その炎上商法には「ヨゴレ」という批判も多いが、「指原の乱」(テレビ東京)という冠番組を持つなど需要は確実に存在している。

 お笑い芸人からのどんな振りやいじりにも応えた市川に対し、「島田はいちいち反論していた」との意見も寄せられている。有吉から「私はまだ可愛いという意識がある」「アイドルとお笑い両方に行けるようにしている」とも指摘されてしまった島田。バラエティで大成するには“アイドル”のイメージをときに捨て去ることも必要なのだろう。
《原田》

関連ニュース

特集

page top