テレビ東京の紺野あさ美アナ、FBで「『中卒』アイドルは女子アナを目指した」が話題に……「アイドルとしては”劣等生”だった」 | RBB TODAY

テレビ東京の紺野あさ美アナ、FBで「『中卒』アイドルは女子アナを目指した」が話題に……「アイドルとしては”劣等生”だった」

エンタメ ブログ

紺野あさ美アナがアイドルから局アナへと転身した経緯が掲載されたFacebookの「WBS就活応援プロジェクト」ページ
  • 紺野あさ美アナがアイドルから局アナへと転身した経緯が掲載されたFacebookの「WBS就活応援プロジェクト」ページ
  • 「『中卒』アイドルは女子アナを目指した」(一部)
  • 11日に公開された紺野アナの就活生へのメッセージ
 テレビ東京の紺野あさ美アナが、アイドルから局アナへと転身した経緯がFacebookの「WBS就活応援プロジェクト」ページに掲載、話題となっている。紺野アナの就活生へのメッセージも掲載されている。

 同ページは、テレビ東京の番組「ワールドビジネスサテライト(WBS)」が開設した就活生向けのページ。紺野アナのアイドルをやめてから就職するまでを振り返るインタビューが「『中卒』アイドルは女子アナを目指した」とのタイトルで同番組の豊島晋作マーケットキャスターによって投稿され、それが話題となっていた。

 同インタビューによれば、紺野アナがモーニング娘。をやめた時点で、彼女は中学校しか修了しておらず中卒だったという。彼女はそのときにすでにアナウンサーを目指しており、そのために大検の試験を受けようと予備校に通った話、1日11時間も勉強した話などのほか、「同期の他の子に比べて歌もダンスも上手いわけではなかったから。アイドルとしては”劣等生”だった」といった告白も掲載されている。

 このインタビュー記事を受けて、紺野アナは11日に自身の言葉で就職活動を振り返る記事を投稿。「私が就活の時に頂いたアドバイスで印象に残っているのが『面接官も人なんだから”お見合い”だと思うといいよ』という言葉」を就活生に贈っている。

 紺野アナは2006年にモーニング娘。を卒業、同年慶應義塾大学環境情報学部に合格。2011年4月にテレビ東京にアナウンサーとして入社した。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top