AKB48仲谷明香、卒業への強い決意つづる……「叩かれても良いと思ってます」 | RBB TODAY

AKB48仲谷明香、卒業への強い決意つづる……「叩かれても良いと思ってます」

 アイドルグループ・AKB48を卒業すると発表した仲谷明香が、発表後の心境を自身の公式ブログにつづっている。

エンタメ ブログ
 アイドルグループ・AKB48を卒業すると発表した仲谷明香が、発表後の心境を自身の公式ブログにつづっている。

 2日に行われたAKB48の公演中に、夢だったアニメ声優への道に進むため6日の公演をもって卒業することを発表した仲谷。その後に更新したブログでも、声優オーディションを受けるためにAKB48だけでなく現在所属している事務所も辞めてゼロからスタートすることを明かしていた。

 3日深夜に再度ブログを更新した仲谷は、卒業発表後にファンから寄せられた多数のコメントに「ありがとうございます。仲谷は幸せ者だ」「お世話になった方が、ほんといっぱいだ。わかってはいたけど、たくさんの方に支えられていたんだなぁ」と、感謝の気持ちをつづるとともに、「それを投げ打っての新たな旅立ち。わがままに聞こえるかもしれません。って言うかわがままです…ほんとに。でも挑戦させて下さい!叩かれても良いと思ってます」と、改めて声優への道を進む強い決意を示した。

 発表からわずか4日後という急な日程で卒業することに、「握手会が心残り。皆さんとお話ししたかったな」と、これまで応援してくれたファンに直接報告できなかった残念な気持ちを吐露したが、それでも「もし声優になって、イベントとかで握手する機会があったら皆さん来て下さいますか? そうなれるように頑張るね!!! 更に燃えて来た」と、新天地でのさらなる活躍を誓った。

 仲谷は2007年4月、3期生として渡辺麻友や柏木由紀らとともに公演デビュー。中学校の同級生だった前田敦子の影響でAKB48に加入するも、当初はシングル選抜総選挙では圏外が続くなど辛酸をなめたが、そうした経験や葛藤を赤裸々につづった自叙伝「非選抜アイドル」を上梓して話題に。また、岩崎夏海氏のヒット作「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」のオーディオブックでのナレーションや、昨年放送されたアニメ「AKB0048」で声優を務めるなど、音楽活動以外の分野でも活躍した。
《花》

関連ニュース

特集

page top