KEIKOが笑顔を見せたとTwitterで報告も小室哲哉も不眠症気味に | RBB TODAY

KEIKOが笑顔を見せたとTwitterで報告も小室哲哉も不眠症気味に

エンタメ ブログ

 24日にくも膜下出血で倒れたglobeのボーカルKEIKOに関し、夫の小室哲哉がTwitterを更新。小室の呼びかけに対し笑顔を見せたと報告している。

 小室哲哉は27日のTwitterで、「人は、たった数秒の笑顔を糧に凄まじい活力を貰えるのだ。桂子が昨日は眼を覚まして、僕が紙に描いたLOVEという文字とハートのマークを見せた時の笑顔。その無心の笑顔が忘れられない」と、KEIKOが笑顔を見せたと報告。それが小室を元気づけたと綴っている。

 そして「今日も午後からほんの少しの面会で、少女の様な微笑みを期待したい。 ありがとう。確かに前進しています」と病状が徐々にではあるが回復に向かっていると実感しているようだ。

 また、28日になってからは「Tweetのおかげで、医療関係の方がたくさんのアドバイスをもらえています。また同じ境遇の方との心理共有もできます。ありがとう。寝てみます。100%不眠症ですね」といったツイートも行っており、多くの医療関係者からTwitterを通じたアドバイスも受けているようで、それに対して感謝の意を表している。病状は一進一退のようだが、多くのファンからのツイートが小室を勇気づけているようだ。

 ただ小室自身も不眠症のようで、今日10時過ぎに「おっ!少し眠くなってきました。眼を閉じてみますね。 また夜にでも経過を報告出来たらと思います。おつきあいしてくれた方たちありがとうでしたf^_^;)」と、一晩中起きていたようだ。看病疲れがでないよう、小室のほうも充分な健康管理が必要といえる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top