パイオニア、3D対応Blu-rayディスクプレーヤー搭載のサラウンドシステム | RBB TODAY

パイオニア、3D対応Blu-rayディスクプレーヤー搭載のサラウンドシステム

IT・デジタル その他
2.1chサラウンドシステム「HTZ-HW919BD」
  • 2.1chサラウンドシステム「HTZ-HW919BD」
  • 5.1chサラウンドシステム「HTZ-616BD」
 パイオニアは、Blu-rayの最新フォーマット「ブルーレイ3D」対応プレーヤーを搭載した2.1chサラウンドシステム「HTZ-HW919BD」と、5.1chサラウンドシステム「HTZ-616BD」を発表した。販売開始は7月中旬。価格はオープンで、希望小売価格は80,000円前後と50,000円前後。

 「HTZ-HW919BD」のみ、両面駆動HVT方式ユニットを採用した薄型スピーカー「SOUND WING」を搭載。横の振幅を縦の振幅に変換させるリンク機構を用いた同社の独自技術となり、振動板を両面に配置しスピーカー両面から音を再生するため、全方位的に音を広げることができる。

 両機種ともBluetooth/DLNAに対応し、Bluetooth接続可能なiPod/iPhone/スマートフォン/携帯音楽プレーヤーにストックしたメディアファイルをワイヤレスで再生できる。LANケーブルでは、PCやDLNA1.5に準拠したメディアサーバーとも接続が可能。また、iPod/iPhoneとは付属のクレードルで、メモリ/携帯音楽プレーヤーとはUSB 端子/PORTABLE IN 端子でも接続ができる。

 プレーヤーはBlu-rayの最新フォーマット「ブルーレイ3D」に対応しており、HDMIケーブル(HIGH SPEED 対応)で3D対応テレビと接続し、3D 映像が視聴できる。BD/DVD/CDのほか、AVCHD/AVCREC方式で録画したDVDが再生可能。CPRM(著作権保護技術)対応で、DVD に録画した地上デジタル放送なども再生できる。サウンドでは、「ドルビー TrueHD」や「DTS-HD マスターオーディオ」、「ドルビーデジタルプラス」などのサラウンドフォーマットに対応。

 共通スペックとして、入力端子はHDMIが2系統/光デジタル/アナログ音声/USB/PORTABLE IN。出力端子はHDMI/映像/コンポーネント映像。FMチューナー搭載。本体サイズは幅430×奥行き304×高さ64mm、重さ3.4kg。サブウーファー部はバスレフ式フロア型16cm(コーン型)で、再生周波数帯域は30Hz~1kHz、インピーダンスは3オーム。サブウーファー部の本体サイズは幅130.5×奥行き375×高さ420mm、重さは4.4kg。

 「HTZ-HW919BD」のスピーカー部は密閉型HVT形式57×30mm(両面4個)/ソフトドームトゥイーター20mm(4個)で、再生周波数帯域は130Hz~32kHz、インピーダンスは4オーム。スピーカー部の本体サイズは幅900×奥行き93×高さ66mm、重さ1.6kg。

 「HTZ-616BD」のスピーカー部は密閉型ブックシェルフ型フルレンジ6.6cm(コーン型)で、再生周波数帯域はフロントのサラウンドスピーカーが70Hz~20kHz/センタースピーカーが65Hz~20kHz、インピーダンスは4オーム。スピーカー部の本体サイズはフロントのサラウンドスピーカーが幅96×奥行き85×高さ96mm、重さ0.4kg/センタースピーカーが幅300×奥行き65×高さ87mm、重さ0.6kg。
《》

関連ニュース

特集

page top