富士通とNetApp、グローバルアライアンス契約を締結 | RBB TODAY

富士通とNetApp、グローバルアライアンス契約を締結

エンタープライズ 企業

ETERNUS CS800
  • ETERNUS CS800
 富士通と米ネットアップ(NetApp)は27日、両社製品を相互供給するため、これまでのパートナーシップをさらに深めたグローバルアライアンス契約を締結したことを発表した。

 富士通は、「ETERNUS DXシリーズ」をはじめとするSAN(Storage Area Network)ストレージ製品の有力ベンダーであり、現在グローバルにストレージビジネスを推進している。一方NetAppは、ICTインフラのストレージとして需要拡大が見込まれるユニファイド・ストレージを提供している。

 今回のグローバルアライアンス締結により、両社は製品の相互供給を行い、海外においてプロダクトポートフォリオを共有するものとなる。この取り組みはまず欧州からスタートし、NetAppは、富士通のデデュープアプライアンス製品「ETERNUS CS800」の販売を、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域の22カ国において開始する。「ETERNUS CS800」は、中間市場で効率的なデータ保護の利用を広げる製品であり、重複排除テクノロジーを使用してディスクバックアップを行うユーザに、シンプルで低コストのソリューションを提供するものとなっている。富士通は、日本国外においてもNetApp製品の保守・サポートサービスを実施する。

 なお、NetAppのユニファイド・ストレージソリューションについては、富士通のストレージ統合管理ソフトウェア「ETERNUS SF Storage Cruiser」、ダイナミックリソース管理ソフトウェア「ServerView Resource Orchestrator」がサポートを始めており、これによりICTインフラの統合的な分析、制御、自動化が実現する見込み。

 富士通 ストレージシステム事業本部長 執行役員の五十嵐 一浩氏は「富士通とNetAppのグローバルアライアンス契約の締結は、お客様に最適なストレージポートフォリオを包括的に提供します。これまで当社は、お客様に容易な導入、および効率的で柔軟なICTシステムを提供してきました。当社のお客様は、当社がNetAppとともに製品・サービスをグローバルに提供することの価値を期待しています」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top