iPhone 7シリーズに、256GBモデルが追加される可能性も | RBB TODAY

iPhone 7シリーズに、256GBモデルが追加される可能性も

IT・デジタル モバイル

Apple (C) Getty Images
  • Apple (C) Getty Images
  • Appleのティム・クックCEO(C)GettyImages
  • Apple (C) Getty Images
  • iPhone 6sからどのような進化を遂げるのか話題は絶えない (c) Getty Images
  • 2015年に発売されたiPhone 6s
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s/6s Plus (C) Getty Images
 iPhoneの現行旗艦モデルであるiPhone 6s / 6s Plusでは、最大で128GBの内部容量を搭載したモデルが用意されている。購入した当初は、かなり余裕があるようにも感じられるiPhoneの内部容量だが、写真や動画の撮影、それにアプリの購入、iOSのバージョンアップなどを続けていると、不思議なことに、どんどんと逼迫してきてしまう。

 最近では、多くの便利なクラウドサービスが登場しているほか、iPhoneに直接挿すことが可能なメモリも発売されるなどしているが、利便性や所有欲の関係上、できればiPhone内部に、直接データを保存したいと望むものだ。そんなユーザーの状況を知ってか、Appleは今年9月の登場するとみられるiPhone 7 / 7 Plus(仮)にiPhone 6s / 6s Plusの倍となる256GBの内部容量モデルを用意するかもしれない。

 調査会社TrendForceは現地時間1日、今秋発売が予想される新型iPhoneのスペック予想を公開した。同社のレポートでは、2015年から継続的にNANDフラッシュメモリの価格が下落していることや、アプリの容量増などによって、新型iPhoneとなるiPhone 7 / 7 Plusに、256GBモデルが展開されると予想。かねてから、iPhone7 Plusについては、デュアルカメラの搭載がいわれているため、5.5インチモデルに限って最大容量の増加は噂されていたが、4.7インチモデルも増加というのは、新しい見解だ。

 Appleはこれまで、2年ごとにiPhoneの大幅なアップデートを実施してきた。今年はそのメジャーアップデートに当たるため、ユーザーとしてはどのような機能追加が果たされるのか気になるところだが、公開されたTrendForceのレポートでは、残念ながら、先の内部容量の拡大やデュアルカメラの搭載以外に、iPhone 7 PlusのRAMが3GBになるといった、小幅なアップデートしか報告されていない。もしかすると、今年のメジャーアップデートは持ち越しとなる可能性もあるかもしれない。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top