パナソニック、広角25mmで「個人認識機能」を搭載する「LUMIX DMC-TZ7」シリーズに新色登場 | RBB TODAY

パナソニック、広角25mmで「個人認識機能」を搭載する「LUMIX DMC-TZ7」シリーズに新色登場

IT・デジタル デジカメ

左・レッド(DMC-TZ7-R)/右・ブルー(DMC-TZ7-A)
  • 左・レッド(DMC-TZ7-R)/右・ブルー(DMC-TZ7-A)
 パナソニックは26日、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-TZ7」シリーズにレッド/ブルーの新色をラインナップ。6月12日より発売する。価格はオープンで、予想実売価格は47,000円前後。

 同製品は、有効画素1,010万画素で、3型液晶ディスプレイを搭載したコンパクトデジタルカメラ。今回は本体カラーの新色モデルで、2009年3月発売時のシルバー/ブラック/ブラウンに加え、市場のニーズが高かったというレッド/ブルーを新たにラインナップした。

 機能や仕様は従来どおりで、登録した顔のデータを基に、撮影時に優先的にピントと露出を自動で合わせる「個人認識機能」を搭載。世界最小(2009年5月26日現在。光学12倍ズームレンズ搭載の単眼タイプデジタルカメラとして)の広角25mm(35mm判換算)を備える。AVCHD Liteに対応し、長時間のハイビジョン動画撮影を可能にしたコンパクトモデル。本体サイズは幅103.3×高さ59.6×奥行き32.8mm。重さは206g(本体のみ)。
《小口》

関連ニュース

特集

page top