シグマ、デジタル一眼レフと同じセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラの新モデル | RBB TODAY

シグマ、デジタル一眼レフと同じセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラの新モデル

 シグマは3日、FOVEON X3ダイレクトイメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DP2」を発表。発売日は未定。価格はオープン。

IT・デジタル デジカメ
DP2
  • DP2
  • 本体背面
  • 新イメージセンサーTRUE II
  • レンズ
  • 液晶ディスプレイ使用イメージ
  • 内蔵型フラッシュ
  • EF-140 DG
  • VF-21
 シグマは3日、FOVEON X3ダイレクトイメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「DP2」を発表。発売日は未定。価格はオープン。

 同製品は、デジタル一眼レフカメラ「SD14」に搭載されている1,400万画素の大型センサーと、焦点距離が35mm判換算で41mm(実焦点距離24.2mm)のレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ。2008年春に発売され、高画質が評価された焦点距離28mm(35mm判換算)のコンパクトデジタルカメラ「DP1」の姉妹モデルとなる。DP1と比較してのおもな違いは焦点距離のほかに、開放F値がF2.8(DP1はF4)、最短撮影距離が28cmとなる(DP1は30cm)。

 また、3層構造のダイレクトイメージセンサー「TRUE(Three-layer Responsive Ultimate Engine)」を進化させた独自の画像処理アルゴリズムを盛り込んだという「TRUE II」エンジンを搭載。DP1と比較するとRAW画像の処理速度が改善される予定だという。

 レンズは高屈折率ガラス2枚、グラスモールド非球面レンズ2枚を採用し、高画質化を実現。さらに、スーパーマルチレイヤーコートを採用し、フレア・ゴーストの発生を軽減させている。ボディは、幅113.3×高さ59.5×奥行き56.1mm、260gのコンパクト化を実現。また、両吊りストラップを採用し、撮影時の起動性を高めている

 評価測光、中央部重点平均測光、スポット測光の3つの測光モードと、プログラムAE、シャッター速度優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出の4つの撮影モードを装備。そのほか、内蔵型手動ポップアップ式小型フラッシュ、赤眼緩和モードやスローシンクロモード設定、1/3EVステップの調光補正、カメラ上部に装備したホットシューなどを搭載する。

 別売りの専用フラッシュ「EF-140 DG」(価格10,000円)や、専用ビューファインダー「VF-21」(価格20,000円)、専用フードアダプター「HA-21」(価格2,000円)の装着が可能だ。

 おもな仕様は以下のとおり。

・撮像素子サイズ:20.7×13.8mm
・アスペクト比:3:2
・対応記録メモリ:SD/SDHC/MMC
・対応ファイル形式:静止画RAW、JPEG/動画AVI/音声WAV
・ISO感度:最大1600
・シャッター速度:1/2000〜15秒
・液晶ディスプレイ:2.5型TFT
・インターフェース:USB/ビデオ出力/オーディオ出力
・バッテリ:専用リチウム充電池/ACアダプタ(別売)
・撮影可能枚数:約250枚
・付属品:バッテリパック/バッテリチャージャー/レンズキャップ/ネックストラップ/ソフトケース/ホットシューカバー/USBケーブル/ビデオケーブル
《満井》

関連ニュース

特集

page top